商品を仕入れる

この記事は約2分で読めます。

 どこで仕入れる?

※画像はイメージです。

商品を作る
自社ブランドの商品開発 まずは売るものを用意する必要があります。 パターンとしては 商品を作る 商品を仕入れる 商品を作る&商品を仕入れる の3パターンに分かれると思います。 3の「商品を作...

で、下記3パターンあると書きましたが

  1. 商品を作る
  2. 商品を仕入れる
  3. 商品を作る&商品を仕入れる

2と3の商品を仕入れる方法です。

仕入はかなり多岐にわたり、色々なジャンルがあるので、小さく始めるために、ジャンルを絞る方法をお勧めします。

ジャンルを絞ることで、仕入れコストも抑えることが出来ます。

なんでもかんでも売るのではなく、この分野の商品には自信がありますという形が理想ですね。

3のハイブリット型の場合は、作る商品と同じ分野の商品を仕入れることで、サイトのコンセプトを伝えやすくなります。


仕入れ方法

仕入れをする際には、卸業者から直接仕入れる方法と、気になった商品を販売元に直接交渉するのと2パターンあります。

最初、直接交渉はハードルが高いので、卸業者から仕入れ商品を決めるのがいいと思います。

今は、ネットで色々と後払いで仕入れが可能なので、いい時代です。

いくつかサイトをご紹介させて頂きますので、ご参考にしてみて下さい。

ここでの、注意点は何でもかんでも仕入れるのではなく、自分の通販のコンセプトに沿った商品を探すことが大事です。

ドロップシッピングという、仕入れすら必要が無い仕組みをもっている卸会社もありますので是非色々と検討してみて下さい。

仕入れ・ドロップシッピングサイト一覧

※順不同です。

とりあえず以上です。

まずは、会員登録をしてみて卸値をチェックしてみましょう。

食品は売れてから

仕入れ商品のだいご味は掘り出し物を見つけることでしょうね。

気になる商品があれば電話などしてみて、色々と情報を聞くのもいいと思います。

あまり、探しすぎてもキリが無いので、ある程度絞り込んだらロットなどを考慮して仕入れてみましょう。

ここで注意点

食品はなるべく避けること

なぜか?

賞味期限が付いてくるからです。

すぐに売れる保証は無いので、最初は賞味期限のつかない雑貨などがおススメです。

なるべくリスクは小さくが合言葉ですよ。

この記事を書いた人
クーちゃん

東京圏生まれだが、田舎暮らしに魅せられ20代前半で会社を辞めて移住したアラサー男子。ネット通販代行やホームページ制作、コンサル的なことで活動中。楽天市場・amazon・ヤフーショッピング・au PAY マーケット・カラーミー・ショップサーブ(Eストアー)など運用実績あり。田舎に移住したい人が1人でも増えるように、田舎の特性を生かしたビジネスを日々模索しています。

資格一覧
・簿記3級
・ITパスポート

クーちゃんをフォローする
※ 当サイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等につきましては一切の責任を負いませんので、予めご了承下さいませ。(参照:免責事項
クーちゃんをフォローする
SUDACH(スダチ)
タイトルとURLをコピーしました