今日のEC雑感【Payment Links他/3選】

この記事は約3分で読めます。

今日のEC雑感

クーちゃん
クーちゃん

おはようございます。

Stripeが「Payment Links」のローンチを公表

サンフランシスコのグローバルテクノロジー企業であるStripeが「Payment Links」のローンチを公表したそうです。

Stripe Payment Links: リンクを作成し、どこでも販売できます。所要時間は 5 分以下です。
Payment Links を使用すると、Web サイトがなくてもオンラインで販売できます。コーディングは不要です。数回クリックするだけで、支払いページが完成し、顧客とリンクを共有できます。

ノーコードで支払い受付が可能となるそうで、展開によってはSNSとかでの利用が加速していきそうですね。

わざわざ、ECサイトに飛ばす手間が無く、その場で決済が出来るので特に、芸能人やインフルエンサーなど影響力の強い人たちの決済手段としては最適な気がしますが、CRMソフトや在庫ソフトとの連動がどうなるのかが気になります。

注文を結局、CRMソフトに取り込むのであれば、結局手間が増えるだけですから。。。

今後、このような動きが加速していくと、ECサイトの存在意義がどうなっていくのかは注目していきたいですね。

ヤマト運輸が二次元コード伝票を「EAZY」へ対応

ヤマト運輸は、6月1日より今注目の置き配サービス「EAZY」において、「置き配」時の個人情報漏洩リスク低減に向け、EC事業者が発行する届け先情報の二次元コード伝票に対応した配達を開始したそうです。


日本郵便でメルカリ経由の発送に利用できるやつと一緒のイメージだと思います。

売れた後の2次元コードの作り方_郵便局(ゆうゆうメルカリ便) メルカリ スマホでかんたん フリマアプリ
「郵便局へ持ち込んで発送」を選択する 商品のサイズを選択する ※カテゴリー「その他>その他」で出品した場合、品名が空欄になります ※品名が空欄だと2次元コードが表示されないため、具体的な品名を必ずご入力ください 「利用可能な郵便局・コンビニを探す」から対応している郵便局を確認する 「配送用...

まずはZOZO購入分からみたいですが、他の宅配サービスもこれが当たり前になると、安心度が増すんですが、逆に視認性が低下するのでミスの確認が不十分になる可能性も無きにしも非ず。

うーん、どちらを取るかですね。

ダンボールワン『デザインサービス』の提供を開始

ダンボールワンは何度か利用させて頂いている。

通販用ダンボール「デザインサービス」開始!今ならデザイン代が半額! | ダンボール通販No.1【ダンボールワン】
EC事業者向けにダンボール箱のデザインから手配までを一括でサポート、キャンペーンでさらにお得にデザイン依頼! | 日本最大級のダンボール・梱包資材通販サイト「ダンボールワン」。【業界No.1】国内最安に挑戦!全国へ送料無料でお届けいたします。

お客様からご要望を伺ったプロのデザイナーが、お客様オリジナルダンボールのデザインを制作させていただきます。一般的にダンボールのデザイン費用は3万円~5万円程度かかりますが、当社がその一部を負担させていただくことで、コストを安く抑えることができます。印刷ダンボールを検討しているけど「デザイン費用を抑えたい」「デザインをリニューアルしたい」「自分でデザインを配置するのが面倒」等、お困りのお客様はぜひこのサービスをご利用ください。

参照:https://www.notosiki.co.jp/notice/detail?noId=515

これは結構いいサービスなのでは。

デザインって担当者がいない会社だと大変なんですよね。

今度、利用してみようかな。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました