ロードマップの必要性

この記事は約2分で読めます。

※画像はイメージです。

新しく通販又はインターネット通販を始めるにあたり、必要なものや必要な作業は多岐にわたります。

まずは、すべてを書き出してから、頭の中を整理する必要があります。

別に紙に書き出さなくても、パソコンのメモに羅列していく形でも大丈夫です。

自分は、そんなことしなくても大丈夫と思う人もいると思いますが、するとしないとではやっぱり差が出てきます。

やるべきことを見える化することで、無駄な作業をしなくて済むようになります。

ロードマップを作ろう

やることを書き出したら、それぞれに締め切りを決めていきます。


複数人で行う場合は、担当者を。

外注する場合は、外注業者を決めていきます。

自分で全部する場合でも、しっかり締め切りを決めること。

人間は弱い動物です。

夏休みの宿題を思い出してみると、大半の人が最終日に追い込みをした記憶があるのではないでしょうか?

締め切りが近づくと、人間は普段の130%いや200%くらいの力が出るのではないでしょうか(笑

逆を言えば、締め切りが無いと60%くらいの力が出ない場合があるということ。

開始時期から逆算して、是非ロードマップを作ってみましょう。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事を書いた人
クーちゃん

東京圏生まれだが、田舎暮らしに魅せられ20代前半で会社を辞めて移住したアラサー男子。ネット通販代行やホームページ制作、コンサル的なことで活動中。楽天市場・amazon・ヤフーショッピング・au PAY マーケット・カラーミー・ショップサーブ(Eストアー)など運用実績あり。田舎に移住したい人が1人でも増えるように、田舎の特性を生かしたビジネスを日々模索しています。

資格一覧
・簿記3級
・ITパスポート

クーちゃんをフォローする
※ 当サイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等につきましては一切の責任を負いませんので、予めご了承下さいませ。(参照:免責事項
通販(運営)
クーちゃんをフォローする
SUDACH(スダチ)
タイトルとURLをコピーしました