それって誰視点?

この記事は約2分で読めます。

※画像はイメージです。本文とは関係ありません。

「それって、誰視点?」と思うことがあります。

通販をしていると、いわゆるペルソナを作った方がいいよということを聞くことがあるかもしれません。

ペルソナ - Wikipedia

ペルソナを作るとは、ターゲットとするお客様を想定するということです。

例えば

  • 横浜在住
  • 小学4年生と小学6年生の子供
  • 36歳
  • スーパーに週2回勤務
  • 家賃15万
  • 世帯年収は600万
  • 旦那は40歳
  • 旦那はIT企業に勤務
  • 旦那の休みは週に1回

などなど、大手になればもっともっと絞り込んでいます。

そもそも誰に売りたいのか?

誰に売りたいのかわからないという人が意外と多いですね。


とりあえず、売れれば何でもいいでは何も売れないのがよくあるパターンですね。

なんでも売れればいい時代はもう終わってしまい、今は専門性が大事です。

逆説的ではありますが、絞り込めば、絞り込んだだけ、専門性が高まり、売れやすくなるという感じです。

絞り込み方にはコツがありますが、なんでも屋さんは大手に任せて、小さな通販は専門性を極限まで極めていきましょう!

 ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事を書いた人
クーちゃん

東京圏生まれだが、田舎暮らしに魅せられ20代前半で会社を辞めて移住したアラサー男子。ネット通販代行やホームページ制作、コンサル的なことで活動中。楽天市場・amazon・ヤフーショッピング・au PAY マーケット・カラーミー・ショップサーブ(Eストアー)など運用実績あり。田舎に移住したい人が1人でも増えるように、田舎の特性を生かしたビジネスを日々模索しています。

資格一覧
・簿記3級
・ITパスポート

クーちゃんをフォローする
※ 当サイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等につきましては一切の責任を負いませんので、予めご了承下さいませ。(参照:免責事項
通販(運営)
クーちゃんをフォローする
SUDACH(スダチ)
タイトルとURLをコピーしました