SEOで疲弊しないために

この記事は約2分で読めます。

※画像はイメージです。

SEO頑張ってしてますか?

頑張ってます!という人はあまりいないのではないでしょうか?

業者にまかせっきりという人もいるかもしれません。

私も、SEO詳しくありません。

だって、理論も結果もフワッとしているから。

正解が無い答えをひたすら探している感じ。


でも、大枠を捉えておくことは大事だと思いますので、経験をもとにざっくりと書いてみます。

外部リンク型SEO

いやー。

一時期、滅茶苦茶流行りましたね。

営業の電話が凄かった。

1,000~の大量の相互リンクを持っている会社が、そこにリンクを貼って検索順位を上げますよという感じです。

以前、利用したこともありましたが、確かに上がった時期もありました。

でも、結局google先生がそれ意味ないですよということで、この外部リンク型のSEOを利用しているサイトが戦々恐々とすることに…。

今では、外部リンク型のSEOをしているところはまず無いでしょう。

内部リンク&タグ型SEO

その次に、よく言われていたのが内部リンクを貼って、タイトルにh1、強調部分にはBではなく、strongを使いましょうみたいな感じの事。

確かに、内部流動を活性化するのは重要です。

タグも大事。

でも、これって基本的な事なので、逆にこれくらいのことが出来ていないサイトでは、SEO以前の問題だろうという感じで、そこまでSEOに寄与するのかいまいちわかりませんでした。

コンテンツSEO

そして、今はコンテンツ重視型SEOがよく言われています。

中身重視ですよと。

文字数なのか、重複文字なのか、どこまで、機械が中身を判別できるのかわかりませんが、きっとAIってすごいんでしょうね。

これに、SNSを絡めていけばいいというのが、今の流れなのかなと思います。

でも、これって普通の事ですよね。

意味のないものをWEB上にばらまいても誰も得しないわけだし。

自分にとっても相手にとってもいいものを量産していく。


別に作家ではないんだから、いびつな文章だろうが構わないんです。

ただし、嘘や虚偽、誹謗中傷はNGです。

誰の得にもなりませんからね(^^

 ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事を書いた人
クーちゃん

東京圏生まれだが、田舎暮らしに魅せられ20代前半で会社を辞めて移住したアラサー男子。ネット通販代行やホームページ制作、コンサル的なことで活動中。楽天市場・amazon・ヤフーショッピング・au PAY マーケット・カラーミー・ショップサーブ(Eストアー)など運用実績あり。田舎に移住したい人が1人でも増えるように、田舎の特性を生かしたビジネスを日々模索しています。

資格一覧
・簿記3級
・ITパスポート

クーちゃんをフォローする
※ 当サイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等につきましては一切の責任を負いませんので、予めご了承下さいませ。(参照:免責事項
通販(WEB/CODE)
クーちゃんをフォローする
SUDACH(スダチ)
タイトルとURLをコピーしました