サイトのリニューアル前に

この記事は約2分で読めます。

※画像はイメージです。

売上が低迷してくると、デザインのせいだと思い込み、リニューアルしたがる人がいます。

確かに、あまりにも古臭いサイトの場合、信頼感の欠如が気になりますが、しっかり運営していればそこまで気にする必要もない気がします。

ふんだんに予算がある場合は別ですが…。

ヤフーや楽天のサイトを見てみて下さい。

昔と比べてそこまで変わっていないでしょう。

リニューアルさせるということは、色々なものを犠牲にしないといけないからだと思います。


ユーザビリティもさることながら、リンクの設定やSEOの観点からもリニューアルは慎重に行うべきです。

リニューアルはここに集中

リニューアルしたくなったら、まず商品ページから考えてみましょう。

商品ページ内であれば、いくらでもリニューアルは可能ですし、一番結果が出やすい場所にもなります。

お客様の流れを考えてみて下さい。

特に、モールに出店している場合、商品ページから入ってきて、商品ページ内で買い物は完結します。

わざわざ、トップページに行ってという行動をする人は少ないと思います。

お客様の流れをトレース出来る場合は、実際に見てみましょう。

ほとんどいないはずです。

商品ページを作りこんでいくことがリニューアルする際には一番大事なのです。

 ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事を書いた人
クーちゃん

東京圏生まれだが、田舎暮らしに魅せられ20代前半で会社を辞めて移住したアラサー男子。ネット通販代行やホームページ制作、コンサル的なことで活動中。楽天市場・amazon・ヤフーショッピング・au PAY マーケット・カラーミー・ショップサーブ(Eストアー)など運用実績あり。田舎に移住したい人が1人でも増えるように、田舎の特性を生かしたビジネスを日々模索しています。

資格一覧
・簿記3級
・ITパスポート

クーちゃんをフォローする
※ 当サイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等につきましては一切の責任を負いませんので、予めご了承下さいませ。(参照:免責事項
通販(WEB/CODE)
クーちゃんをフォローする
SUDACH(スダチ)
タイトルとURLをコピーしました