ネット通販の場合、売り手と買い手の顔が見えないためトラブルが起きやすい環境にあると言えます。

お互いに良好な関係を築いている間はいいのですが、ひとたびトラブルが起こると、疑心暗鬼に陥り、なかなか収拾がつかない場合があります。

ですので、通販会社は常に顧客に見られているという意識を持ちつつ、日々の業務に当たらなくてはなりません。

見えないからこその接客が大事なのです。

プレゼントを付けてあげたり、一言添えてみたりするのもいいでしょう。

ただし、うわべだけのサービスは顧客には伝わりません。


会社によって、どのような施策を行えば、顧客との距離が縮まるかは違うと思いますので、自分たちの会社に合った施策を行うのが大事なんだと思います。

実店舗で成功しているお店は、通販でも成功しやすいというのは、このような心構えにもあるのかもしれません。

常に、見られているということを意識してみるといいと思います。

関連記事

 ブログランキング・にほんブログ村へ