日経BPコンサルティングが実施したブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2018」で、一般消費者による評価(BtoC編)の「EC・通信販売」における1位はAmazon、2位は楽天市場、3位はYahoo!だったそう。

Amazonは前回に続き首位なのだとか。

1位「Amazon」、2位「楽天市場」、3位「Yahoo!」――ブランド力が高いECサイト | ネ...
日経BPコンサルティングが実施したブランド価値評価調査「ブランド・ジャパン2018」で、一般消費者による評価(BtoC編)の「EC・通信販売」における1位はAmazonだった。

これを見ると、やはり進むべき道をしっかり意識しているAmazonが強い。

楽天はAmazonばかりを意識しすぎるあまり、楽天の強みをうまく活用できていない感じがうかがえます。

楽天の強みは何といっても、楽天ポイント経済圏。

これが最大の強みでしょう。


ただ、Amazonとの商品価格差があまりにも開きすぎると、この楽天ポイントの魅力もあまり響かなくなります。

あきらかに、商品価格が違うものもあり、足を引っ張っているのは、「月額固定費」と「月額変動費」だろうと想像できます。

いわゆる、出展料ですね。

これが、楽天が高い。

メールを送るだけでもお金がかかる…。

そうすると、お店としてはどうしても商品価格を上げざる得ないわけです。

その対策として、楽天は大型店をどんどん買収をして、利益率を上げ、商品価格を下げようとしているようです。

楽天ビックなども誕生しましたね。

楽天のAmazon化の弊害

ただ、ECサイトにおいて、自動販売機は1台でいいんですよね。

2台あって、同じものが売っていても1個しか必要ない。

こっちで買うと、「ポイントが付く」とか「とても冷えてる」とか「すぐ飲めるとか」くらいしか差別化のしようがない。

それよりも、ここでしか手に入らない掘り出し感とか、店舗との距離感、日本人ならではの情緒とかおもてなしとか、そういうところで差別化するべきじゃないのかと思いますね。

Amazonには、おもてなし感を求めていませんが、楽天にはおもてなし感やイベント感を求めている人も多くいる気がします。

ヤフーショッピングも台頭してきており、三つ巴の戦いとの様相が強くなってきていますが、自動販売機を増やすのではなく、色々な切り口のECサイトとして戦っていってほしいと思う今日この頃です。

出店者としても、自動販売機にしないでほしいですね。

関連記事

 ブログランキング・にほんブログ村へ