田舎は無一文で大丈夫?

この記事は約1分で読めます。

食べ物に困らない?

※画像はイメージです。

ウソです。

生きていけません。まず、国民の義務である税金を払わなくてはなりません。

もちろん県民税や市民税(町民税、村民税)もです。

よく田舎はお金がかからなくていいよねという人がいますが違います。

物価も都会よりも高い場合が多いです。

なぜかというと需要と供給のバランスによってそうならざる得ないのです。


田舎は需要が少ないため、おのずと物価は高くなる傾向があります。(全国展開の大型スーパーは別ですが・・・)

また、移動手段が車に頼らなくてはならないため、車の維持費やガソリン代もばかになりません。

野菜なども都会とそんなに値段は変わりません。

ガス・電気・電話なども総じて高いのが現状です。

この記事を書いた人
クーちゃん

東京圏生まれだが、田舎暮らしに魅せられ20代前半で会社を辞めて移住したアラサー男子。ネット通販代行やホームページ制作、コンサル的なことで活動中。楽天市場・amazon・ヤフーショッピング・au PAY マーケット・カラーミー・ショップサーブ(Eストアー)など運用実績あり。田舎に移住したい人が1人でも増えるように、田舎の特性を生かしたビジネスを日々模索しています。

資格一覧
・簿記3級
・ITパスポート

クーちゃんをフォローする
※ 当サイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等につきましては一切の責任を負いませんので、予めご了承下さいませ。(参照:免責事項
クーちゃんをフォローする
SUDACH(スダチ)
タイトルとURLをコピーしました