田舎暮らしの交通

この記事は約1分で読めます。

公共交通機関・車やバイク

※画像はイメージです。

公共交通機関

ほぼ期待できません。

電車もあっても2時間に1本もザラです。

バスもメイン道路をたま~に走っている程度で足として使えるレベルではありません。

車やバイク

田舎の生活必需品です。

「運転できぬもの住むべからず」です。

買い物に行くだけでも車がないと困ってしまいます。


もちろん田舎に引っ越してから運転免許をとろうなどと考えてはいけません。

なぜなら自動車教習所に通うための手段がないからです。

自動車教習所では生徒の送迎用のバスを運行しているところもありますが、遠くは離れた田舎には来てくれないのが現状です。

一家に一台どころか、一人一台づつ自家用車をもっている家もあります。

ただし、駐車場代がかかりません。

かかっても少額で済みます。

場所だけはたくさんありますからね。

この記事を書いた人
クーちゃん

東京圏生まれだが、田舎暮らしに魅せられ20代前半で会社を辞めて移住したアラサー男子。ネット通販代行やホームページ制作、コンサル的なことで活動中。楽天市場・amazon・ヤフーショッピング・au PAY マーケット・カラーミー・ショップサーブ(Eストアー)など運用実績あり。田舎に移住したい人が1人でも増えるように、田舎の特性を生かしたビジネスを日々模索しています。

資格一覧
・簿記3級
・ITパスポート

クーちゃんをフォローする
※ 当サイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等につきましては一切の責任を負いませんので、予めご了承下さいませ。(参照:免責事項
クーちゃんをフォローする
SUDACH(スダチ)
タイトルとURLをコピーしました