地域の情報を集めましょう

この記事は約1分で読めます。

情報が命

※画像はイメージです。

さて、ここからが本番です。職場や地域で色々な情報を集めていきましょう。

そこに住まないとわからない情報がいろいろ集まると思います。

「あの近くは出事が多くて大変」とか「あそこは土地柄が悪いからち近づかないほうがいい」とか「あの一帯は暴力団の事務所があるんだよね~」など世間話からその地域について学習しましょう。

事前に調べていた情報よりも生の情報が大事です。

情報収集の目安は半年から1年くらいです。

その間にさりげなく「定住できる家を探している」というのを周囲に伝えておくのがポイントです。


チェックポイント

  • 住みやすい地域(地価が安いところ、公共サービスの充実、子供がいる場合は周囲の学校情報など)
  • 住むのは止めたほうがいい地域(過去の自然災害や危険度(地震や台風、洪水、津波など)、暴力団事務所情報、これまでの重大事件など)
この記事を書いた人
クーちゃん

東京圏生まれだが、田舎暮らしに魅せられ20代前半で会社を辞めて移住したアラサー男子。ネット通販代行やホームページ制作、コンサル的なことで活動中。楽天市場・amazon・ヤフーショッピング・au PAY マーケット・カラーミー・ショップサーブ(Eストアー)など運用実績あり。田舎に移住したい人が1人でも増えるように、田舎の特性を生かしたビジネスを日々模索しています。

資格一覧
・簿記3級
・ITパスポート

クーちゃんをフォローする
※ 当サイトからのリンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等につきましては一切の責任を負いませんので、予めご了承下さいませ。(参照:免責事項
クーちゃんをフォローする
SUDACH(スダチ)
タイトルとURLをコピーしました