元給食のおばちゃんオススメレシピ〜ブルーベリーでスイーツ作り〜

この記事は約7分で読めます。

元給食のおばちゃんオススメレシピ〜ブルーベリーでスイーツ作り〜

こんにちは!

皆さんは、お菓子を作ることが好きですか?

私は子供の頃から母に教わったり、本を見てお菓子やパン作りをするのが好きでした。

結婚して子供が生まれてからも、子供と一緒に台所仕事を楽しんでいます(о´∀`о)

毎日使う野菜や果物を、料理する前に庭や畑に採りに行く。

そんな生活に憧れがありました。


東京から九州の田舎に引っ越してきたのは、田舎暮らしに憧れもあったからです。

庭ではニワトリやアヒルを飼い、畑で野菜を育てる。

そんな自然な暮らしが、とても心地よいです。

果樹は、自家用でジューンベリーやキウイフルーツ、カキ、ブルーベリー、ユズ、レモン、キンカン…などを育てています。

実が収穫できる果物は、食べる時も楽しいです♪

今回のテーマであるブルーベリーは、苗を買ってきて植えました。

数年経って木が大きく育つにつれて収穫できる量も増え、去年くらいからたくさん採れるようになりました(о´∀`о)

そのまま生で食べるのもいいですが、ジャムやジュース、お菓子作りもオススメです。

今回は、注目の果樹ブルーベリーについて少し説明をして、ブルーベリーを使った簡単で美味しいスイーツの作り方をメインにお話ししたいと思います^ – ^

気になるレシピがあったら、作ってみてくださいね♪

それでは、始めましょう〜( ´∀`)

ブルーベリって?

ブルーベリーは、ツツジ科スノキ属の低木性の木です。

アメリカの北から南の地域まで広く自制しています。

ブルーベリーの木は、地面から細い枝が何本もでて、茂みを作ります。

その年に伸びる枝は4種類あって、1メートル以上にもなるシュート、10センチくらいの短い枝、実をたくさんつける中くらいの枝、地下3〜5センチくらいのところをはって、木の生える場所を増やしていくサッカーとがあって、それぞれ役割が違うのです。

ブルーベリーの栄養

ブルーベリーには、アントシアン色素以外にも食物繊維や必須アミノ酸が豊富です!

また、健康に欠かせない鉄、マンガン、銅、亜鉛などのミネラルがたくさん含まれています。

皮ごとパクりと食べられるのもいいですね!

日本での栽培は

日本にブルーベリーが入ってきたのは、1951年頃。


その頃第二次世界大戦が終わった頃でお米の栽培は盛んだったけれど、ブルーベリーの栽培は…。

ブルーベリーの栽培が本格的に始まったのは、1980年代に入ってから。

日本の食文化が変化してパン食が広がったのもあって、果物のブルーベリーの栽培が増えていたのです。

ブルーベリーは健康に良い点も人気の一つですが、栽培面でも病気や害虫にも強いので管理が簡単です。

我が家も農薬はかけていません。

育てやすくてオススメの果樹です🎶

作ってみようブルーベリーを使ったレシピ

ブルーベリーを収穫する目安は、軸の付け根まで青色になってから4から5日たった頃。

軽く触って落ちるものが熟しています。

果実が大きく鮮やかな青色になり、甘味と風味が良くなります。

ブルーベリーの実に含まれるアントシアニンは加熱しても変化しないのです。

お菓子作りにも最適です!

加熱すると、生で食べるのとは違った食感と風味がしますよ〜。

ブリーベリーは収穫したら洗ってから、ジップロックなどに入れて冷凍しておくと便利です。

ブルーベリーの収穫した実の量が少ない場合は、冷凍しておくといいですよ。

凍った実をそのまま食べても美味しいし、ジュースやジャムにも使えます。

お菓子作りに使うときは、室温において解凍してから使ってくださいね。

では、オススメのレシピを3つご紹介します!

  • ブルベリージュース
  • ブルーベリージャム
  • ブルーベリーマフィン

では、それぞれ作り方を見ていきましょう♫

ブルベリージュース

材料4人分

  • ブルーベリー400グラム
  • ハチミツ 大さじ3
  • レモン汁 適量
  • 氷16個

作り方

①洗う

ブリーベリーを洗って水気を切っておく。

②混ぜる

ミキサーに①のブルーベリーとハチミツ、レモン汁をいれる。

スイッチを入れてよく混ぜる。

③氷を入れてさらに混ぜる

②に氷を2〜3個づつ入れて、その度によく混ぜる。

④完成!

グラスに入れて、完成です♪

甘さはお好みで調節してくださいね(о´∀`о)

ブルーベリージャム

材料

  • ブルーベリー1キロ※熟したものとピンクや赤みがかった若い実を混ぜると、酸味もあって美味しいジャムに。お好みでしてみてください。
  • きび砂糖 400グラム
  • 水200シーシー
  • レモン汁 適量

作り方

①洗う

ブルーベリーはよく洗って水気を切きる。

②蒸し煮する

小鍋に①のブルーベリーと水200シーシーを入れて蓋をし、弱火で蒸し煮にする。

時々混ぜながら10分くらい加熱する。

③きび砂糖を入れる

きび砂糖を2回に分けて入れて混ぜる。

④レモン汁を入れる

レモン汁の搾り汁を入れて好みのかたさまで煮詰める。

⑤完成!

火からおろして、煮沸消毒しビンに熱いうちにいれる。

完成!

パンに塗って食べてもいいですが、プレーンヨーグルトにかけて食べても美味しいですよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

ブルーベリーマフィン

材料6個分・直径6センチの型

  • ブルーベリー 100グラム
  • 薄力粉 100グラム
  • ベーキングパウダー 小さじ1
  • 卵 1個(我が家はアヒルの卵を使用)
  • 牛乳80シーシー
  • バター  70グラム
  • きび砂糖 50グラム
  • バニラエッセンス 少々
  • マーガリン 少々

作り方

①下準備をする

ブルーベリーの実は水でよく洗って水気をきっておく。

薄力粉とベーキングパウダーはふるっておく。

②バターをやわらかくする

バターは電子レンジでやわらかくして、ボウルに入れて泡立て器でよく混ぜる。

③きび砂糖を入れる

きび砂糖を入れてさらによく混ぜる。

④卵とバニラエッセンスを入れる

白っぽくなったら卵とバニラエッセンスを入れてよく混ぜる。

⑤残りの材料を入れる

薄力粉、ベーキングパウダー、牛乳を④に少しづつ入れて混ぜる。

⑥型に入れる

型に半分ほど入れてブルーベリーを4個ほど入れてさらに生地を入れる。

⑦オーブンで焼く

生地の上にもブルーベリーを5個ほど埋め込み、170度のオーブンで20〜30分ほど焼く。

⑧完成!

竹串をさして、タネがついてこなければ完成です♪

簡単で美味しいので、ぜひ作ってみてくださいね( ´∀`)

お好みでゴマを入れたり、とろけるチーズを入れても美味しいですよ〜(*´꒳`*)

我が家はアヒルを飼っているので、今回はアヒルの卵を使いました。

アヒルの卵は、ニワトリの卵を比べて味が濃厚でお菓子作りに向いているんですよ〜(*´꒳`*)

ブルーベリーは、自宅で育てているブルーベリーの実を収穫して使いました♡

焼きたてはブルーベリーがとろっとしていて、ハフハフしながら食べて美味しいですし、冷めても違った食感でオススメです♫

本日のまとめ

今回はブルーベリーを使った簡単で美味しいスイーツを3つご紹介しましたが、いかがでしたか?

スイーツ作りは、完成して食べるのも楽しみですが、作る過程も楽しいですよね♬

今回ご紹介したレシピは子供さんと一緒に作れるレシピですので、親子で一緒に作ってみてはいかがでしょうか(о´∀`о)

手作りスイーツでほっと一息つきましょう♡

今の世の中、不安や心配なニュースが多いですが、生活の中に楽しみを見つけて元気に過ごしていきましょう♪( ´θ`)

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました♪

おまけ1(今日のお弁当)

マーちゃん
マーちゃん

メイン

  • ご飯の上には明太子
マーちゃん
マーちゃん

おかず

  • コロッケ
  • ピーマンのおかか炒め
  • ナスとエノキの炒め物
  • キャベツの生姜昆布あえ

今日も美味しく出来ました♪

私がどんな思いでお弁当を作っているのかは下記をご覧あれ~。

お弁当のススメ
お弁当でみんなハッピーに みなさんはお昼ご飯に何を食べましたか? 誰と食べましたか? お弁当を持っていく人も途中で買う人も、 お店で食べる人もいると思いますが、 何を基準にして選びましたか? お弁当制作歴17年! ...
 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました