元給食のおばちゃんオススメレシピ〜納豆金山寺の作り方〜

この記事は約7分で読めます。

元給食のおばちゃんオススメレシピ〜納豆金山寺の作り方〜

子供の頃から、納豆が大好きです(о´∀`о)

炊きたてのご飯に納豆とお味噌汁があれば、幸せです♪

納豆にはジャコやシラス、ネギを入れたり、もずく、胡麻、キムチなどなど…トッピングしても最高ですね♪

海苔を巻いて納豆巻きにすると、また違った美味しさで最高です!

今回お話しする「納豆金山寺」は、子育て中に仲良くなった友人から教えてもらったのですが、食べた時に感動する美味しさでした(^-^)

おまけに簡単に作れる常備菜なんですよ♪


皆さんもぜひ、作ってみてください〜♫

納豆について

日本の伝統食のひとつである納豆。

納豆は、納豆菌によって発酵させて作る食品です。

納豆は煮豆とワラの出会いがきっかけで、作られるようになったとか。

自然の力は偉大ですよね〜!

私が子供の頃は、お店の納豆のコーナーにワラで包まれた納豆も少し売られていた様に思いますが、最近はワラの納豆は見かけなくなりましたね。

でも、売られている納豆の種類は、増えてきているように思います。

大粒、小粒、ひきわり、黒大豆で作られているものなどいろいろありますね。

付属のタレの種類も豊富です!

納豆といえば、あのネバネバした糸。

納豆菌が大豆のタンパク質を分解してできた、グルタミン酸と糖の一種なのです。

味はないけれど、ネバネバを安定させる役目のあるフラクタンという物質からできています。

グルタミン酸は昆布などにも含まれている旨味成分ですね!

納豆は日本各地だけでなく、世界でも食べられているんですよ。

ただ、日本のようなネバネバではありません。

主に調味料や保存食として、食べられているそうです。

  • 中国→トウシ
  • タイ→トアナウ
  • ミャンマー→ペーポー
  • アフリカ→ダワダワ 他

インドネシアの大豆製品、テンペという食品が流行ったことがありましたね。肉の代わりになるとかで、マクロビ食で注目を浴びていました。

今もでしょうか?!

その当時、興味があっていろんなお店を探してやっと見つけて食べましたが、うまく調理できずに(^_^;)


もう一度食べたい味とまではいきませんでした…

機会があったらリベンジしたいです。

納豆の種類について

納豆の種類は、お菓子の甘納豆を除けば、「生の糸引きネバネバ納豆」と「乾燥させた糸を引かない塩辛納豆」の二つに分けられます。

生の糸引きネバネバ納豆

  1. 丸大豆納豆
  2. ひきわり納豆
  3. 五斗納豆

それぞれ簡単に説明しますね。

①丸大豆納豆

大豆を丸ごと茹でて、納豆菌で発酵させた納豆。

普段食べている納豆です。

②ひきわり納豆

大豆を煎って粗く挽いて、表の皮をとってから煮て発酵させた納豆です。

青森県や秋田県、岩手県などでは江戸時代より前から食べられていたそうです。

③五斗納豆

山形県米沢地方に昔から伝わる郷土食。

ひきわり納豆に麹や塩を混ぜて樽に仕込み、熟成させたもの。

塩分を減らし、「雪割り納豆」として売られているそうですが、私は食べたことがありません。

美味しそうですよね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

乾燥させた糸を引かない塩辛納豆

  1. 塩辛納豆
①塩辛納豆

そのままでなく、お茶漬けや調味料として使うそうです。

塩辛くて味噌の風味がするそうです。

食べたことがないので、食べてみたいな〜!

小学校時代、遠足で鎌倉に行ったときにお土産屋さんに売られていた乾燥納豆。

あれは美味しかったですね〜♪( ´θ`)

小学生にとっては割高でしたが、味見をして美味しかったので即購入。

納豆好きにはたまらない味でした。

納豆を乾燥させてあるのでネバネバはなく、手でつまんで食べられるタイプ。

でも食感や味は納豆。

どうやって作ったのでしょうか。

また、食べたいです(*´꒳`*)

余談ですが、納豆を使った料理といえば、ピザトーストと納豆チャーハンをすぐ思い出します。

大学時代に所属していた研究室で、納豆ピザトーストが流行って、よく食べていました。

食パンにピザソースを塗って、納豆をのせチーズをたっぷり。

さらに、小ネギをのせても♪

トーストするとこんがり焼けて最高です!

美味しかったなぁ〜♪

時々納豆チャーハンを作りますが、簡単で美味しいですよ♪

旦那様はあまり好きではないみたいですが、私と子供たちは気に入っています。

ニンニクと納豆のハーモニーがクセになる味なのです(๑˃̵ᴗ˂̵)

皆さんは、どんな納豆料理していますか?

納豆の栄養について

納豆は体にいいというイメージがありますね。

栄養成分としては、タンパク質、脂質、カルシウム、鉄などの他に、納豆には大豆に少ないビタミンB2が多いのが特徴です。

納豆に含まれているナットウキナーゼも、注目を浴びています。

納豆金山寺について

友人から教えてもらった納豆金山寺の作り方。

さらに、自分なりにアレンジしてみました♪

納豆金山寺は、納豆に麦麹を混ぜて、調味料で味付けした常備菜です。

昆布やニンジンも入っているので栄養満点!

一度にたくさんできるので、小分けにして冷凍保存もできます。

私はたくさん作ったら冷凍もしますが、お友達にお裾分けします♪

美味しいと喜んでもらってますよ( ^ω^ )

さあ、作ってみましょう♬

納豆金山時の作り方

材料

  • 麦麹 500グラム
  • 納豆 400グラム(40グラムパック×10個)
  • 刻み昆布 50グラム〜80グラム
  • 醤油 1カップ
  • みりん 1カップ弱
  • 酒 1カップ弱
  • ニンジン 千切り適量
  • 好みでハチミツ 大さじ2〜3

※一度この分量で作ってみて、お好みで調味料の量など調整してくださいね。
※麦麹はスーパー、農協、道の駅、直売所、味噌屋さんなどで購入できます。

では作り方です。

①材料をはかる

材料をはかって用意しておく。

昆布は出汁用昆布をキッチンハサミで小さく切っておく。

昆布は、塩吹き昆布や野菜昆布、水晶昆布などお好きなものでいいです。

②麦麹をほぐす

大きめのボウルに麦麹を入れ、固まりをほぐします。

③納豆を入れる

納豆をパックからだしていれます。

④材料を入れてまぜる

刻み昆布、醤油、みりん、酒を入れてよく混ぜ、ニンジンの千切りを入れてさらによく混ぜます。

※ハチミツをいれるときはここで入れて、よく混ぜます。
※調味料が多く感じるかもしれませんが、麦麹や昆布が水分を吸うので出来上がる頃にはいい感じになっていますよ♪

⑤冷蔵庫へ

ボウルにラップをして、冷蔵庫に入れます。

1日1回はよく混ぜましょう。

⑥食べごろは

柔らかく馴染むまで3〜4日おいたら食べられます。

炊きたてのご飯と一緒に食べても最高ですが、豆腐の上に乗せたり、キュウリと一緒に食べるのもオススメです♪

食べきれない時は、小分けにラップして冷凍しておきましょう。

冷凍保存したものを食べるときは、冷蔵庫内で自然解凍してから、早めに食べてくださいね♪

混ぜるだけなので、簡単だったでしょう?

まずは、炊きたてご飯に納豆金山寺をたっぷりのせて、召し上がれ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

美味しいでしょう♫

私の納豆エピソード

いろんな手作りに興味のある私。

もちろん、手作り納豆にも挑戦しました!

手作り納豆の作り方を調べて、試行錯誤しましたが、どうやってもうまくいかず…。

ざっと流れを説明すると、大豆を柔らかくゆでて冷ましてから、市販の納豆を混ぜ、保温するという流れ。

出来上がりは、ネバネバがついても、納豆というよりは茹でた大豆のままとう感じ。

何回もチャレンジしましたが、いつしか作るのはやめて、市販のものを買って美味しく食べています(^◇^;)

納豆作りはうまく出来ませんでしたが、気になったらやってみることが大事ですね〜(^^)

またいつか、リベンジしたいです‼︎

本日のまとめ

皆さんは、毎朝食べる食品はありますか?

我が家の場合、朝ご飯はパンではなくご飯派なので、ご飯とお味噌汁に、納豆、漬物、おかず(卵や魚)が基本です。

それに時々ヨーグルト+果物です。

たま〜にパンの時もありますが、パンの時でもお味噌汁は飲みます。

今回お伝えした「納豆金山寺」。

納豆もろみともいいます。

納豆金山寺を作っておけば、忙しい朝の立派な一品になりますよ(о´∀`о)

栄養も満点です♪

納豆は、畑のお肉ともいわれているタンパク質が豊富な「大豆」が原料です。

毎日ご飯をしっかり食べて、元気に過ごしましょうね!

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

おまけ1(今日のお弁当)

マーちゃん
マーちゃん

メイン

  • ご飯の上には、塩サバ
マーちゃん
マーちゃん

おかず

  • 豚肉の旨煮
  • キュウリの塩揉み
  • 昆布の佃煮
  • インゲンとエノキの炒め物

今日も美味しく出来ました♪

私がどんな思いでお弁当を作っているのかは下記をご覧あれ~。

お弁当のススメ
お弁当でみんなハッピーに みなさんはお昼ご飯に何を食べましたか? 誰と食べましたか? お弁当を持っていく人も途中で買う人も、 お店で食べる人もいると思いますが、 何を基準にして選びましたか? お弁当制作歴17年! ...
 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました