元給食のおばちゃんレシピ〜手軽で簡単【黄金だし】のとり方(干ししいたけ編)〜

この記事は約7分で読めます。

手軽で簡単【黄金だし】のとり方(干ししいたけ編)

手軽で簡単、【黄金だし】のとり方第2弾です♪

元給食のおばちゃんレシピ〜手軽で簡単【黄金だし】のとり方(いりこ編)〜
手軽で簡単【黄金だし】のとり方(いりこ編) 日本の和食の基本「だし」(*´꒳`*) 皆さんはお味噌汁のだしをとっていますか? 時間がない?難しそう? いいえ、そんなことはないんですよ。 やってみると意外と簡...

今回は、「干ししいたけ」を使っただしのとり方をご紹介します!

だしをとりいれることにより、普段の食事がワンランクアップ間違いなしです‼︎

だしをとるのは難しそう?

手間がかかる?

そんなことはないんですよ(*´∇`*)


コツを掴んで、今日からおだし生活始めましょう♪

学校給食でも干ししいたけは、よく使われる食材の1つでした。

煮物や炊き込みご飯、スープに…、と大活躍していました(о´∀`о)

干ししいたけを入れることにより、味に深みがでて美味しいんです♪

しいたけは山の恵み

干す。

天日に干すというだけで、そのまま(生)と比べて栄養価がUPます。

自然の力って偉大ですよね〜‼︎

天日干しで増える栄養素は、代謝ビタミンとも代ばれています。

代謝ビタミンがあると、人が生きるための源であるエネルギーを作ってくれるビタミンB群、骨の健康に役立つビタミンDやカルシウム、鉄分が増えるんですよ。

しいたけの話をすると、しいたけに多く含まれるエルゴステリンという成分は、日光を浴びるとカルシウムの吸収を助ける働きを持つビタミンDに変化します。

「天日干し」の干ししいたけは、ビタミンDが豊富なのです。

それに、ビタミンB1、B2、食物繊維も多いです!

ちなみに、ビタミンB1、B2は水溶性なので、「干ししいたけの戻し汁も使いましょうというのはそのためなのですね。

また、グアニル酸やグルタミン酸などの旨み成分を豊富に含んでいます。

栄養がたくさん詰まっていますね(*´꒳`*)

干ししいたけで黄金だしをとりましょう

マーちゃん
マーちゃん

さぁ、作ってみましょう。

材料

  • 干ししいたけ 20〜25グラム
  • 水 500cc

①干ししいたけを洗う

干ししいたけは軽く水で洗います。

②水につける

はかっておいた水を鍋に入れ、①の干ししいたけをつけます。

最低でも30分はつけましょう。

※一晩水につけておくとベストです!


③黄金だしの完成

水に色がついたと思います。

しいたけの良いかおりもしますね(*^^*)

※干ししいたけが柔らかくなってきたら、1度水から出してヒダの間を広げて虫が入っていないか確かめます。小さい穴が空いていたら中に虫が入っていることもあります。

折角なので、お味噌汁までつくってしまいましょう。

お味噌汁を作ってみましょう♪

炊きたてのご飯とお味噌汁、お漬物があれば幸せですね(*´꒳`*)

材料:2人分

  • 干ししいたけの戻し汁 500cc位
  • 戻した干ししいたけ 適量
  • お好みの野菜や豆腐など 適量
  • お味噌 適量

①材料を食べやすいように切る

水で戻した干ししいたけは、包丁でスライスに切る。

野菜や豆腐は食べやすい大きさに切る。

②材料を入れる

干ししいたけの戻し汁に、干ししいたけと火の通りにくい根菜類、油揚げなどの煮くずれにくい食材を先に入れます。

③火にかけて具材に火を通す

加熱して火を通していきます。

④葉物を入れる

キャベツや白菜があったらこの段階で入れます。

⑤火を止めて味噌をとく

加熱したままだと、お味噌の風味がとんでしまうので火を止めてからお味噌をときましょう。

⑥完成です

器によそって小ネギをちらして完成です。

干ししいたけでだしをとったお味噌汁の味はいかがですか?

いりこやかつお節、コンブでとったお味噌汁とはまた違った味で美味しいでしょう?

※戻した干ししいたけは、味噌汁の具材のほかに煮物に入れたり、炊き込みご飯に入れると味が深まって最高に美味しいですよ♪

干し野菜のススメ

干し野菜の定番といえば根菜類やキノコでしょうか。

今回は干ししいたけを使いましたが、冒頭でもご紹介したように天日に干すという作業により、旨みや栄養価が上がるんです。

それに、保存性も高まります!

自宅でも手軽に干し野菜が楽しめるので、

ぜひ干し野菜を作って欲しいと思います。

干す道具は、干しカゴやザルがあると便利ですよ。

私は大きめ3段の干しカゴ、大小様々なザルを持っています。

今までに、大根やにんじん、キノコ、ゆでタケノコで干しタケノコを、蒸したさつまいもで干し芋など作ったことがあります。

干し野菜があると、何か一品足したいなと思った時にさっと使えて助かるんですよね^ – ^

干し野菜のコツ

干し野菜を失敗なく作るためにコツがあるのでご紹介します♪

  • 干すものの厚さや大きさを揃える
  • 干すもの同士が重ならないように広げる
  • 雨や露に当てない
  • 外には朝だして、夜は室内へ入れる
  • 時々裏返したり場所を移動させる

干していくと、だんだん小さくカラカラになって行くので毎日変化を観察して楽しんでください(*´∇`*)

※保存するためには、カラカラに干してくださいね。水分が残っているとカビの原因に(*´-`)

何日も干すのが手間だなぁという人は、カラカラに干さなくても、少しだけでも天日に干してから料理するだけでも良いかも。

干し野菜を作る際の注意点

水分量の多いもやしやレタスなどは痛みやすいので、干し野菜にするのを避けましょう。

その他は大体干せそうです♪

夏野菜のミニトマトやきゅうりも干せるんですよ。

ドライトマトはお値段が高いので、手作りできるといいですね〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

難しく考えずに、まずは使いきれずにあまりそうな野菜から干し野菜にしてみては♪

私は、太陽の光に照らされながら干してる風景が好きなんですよね〜(*´∇`*)

干し野菜ネットやザルは、ホームセンターや100円ショップにも売ってますよ♪

私の干しものエピソード

春先はご近所さんから、掘り立てのタケノコをたくさんいただくので、茹でて食べきれない分は干しタケノコにして保存しています。

実家は遠いので、掘り立てのタケノコを送ることができません。

なので、毎年干しタケノコを田舎便として送っていますが、とても喜んでくれます♪

冬になると、畑で育てたさつま芋を蒸して、子供のおやつに干し芋を作っています。

干し芋はそのまま食べても美味しいですが、少し焼いて食べるとまた美味しいんですよね〜!

大根が畑でたくさん出来たときは、綺麗に洗って皮は剥かずに短冊に切って干します。

切り干し大根は重宝するのでおすすめですよ(^^)

我が家には干し柿用の渋柿の木があるので、干し柿も毎年作っています。

軒下にぶら下がってる柿のオレンジ色がとってもキレイなんですよね♪

干し野菜だけでなく、干物作りにはまっていた頃がありました。

お店で新鮮な小アジを買ってきて、下処理をして塩水につけて干します。

自家製干物も美味しくてオススメですよ。

水につける時間や塩分濃度を変えたりして、我が家オリジナルの干物の味を模索しました。

イカでつくる一夜干しも美味しかったなぁ。

手作りっていいですね〜‼︎

本日のまとめ

いかがでしたか?

干し椎茸でつくる黄金だしは、水につけておくだけなのでとっても簡単でしたね!

干ししいたけも種類や大きさがいろいろ売られているので、好みのものを見つけてくださいね^o^

私は国産の産地指定、原木栽培のものを使っています。

今回は、干し野菜の魅力もお伝えできて良かったです!

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

おまけ1(今日のお弁当)

マーちゃん
マーちゃん

メイン

  • ヒジキと昆布の雑穀ごはんに自家製カリカリ梅
マーちゃん
マーちゃん

おかず

  • とうもろこし
  • ミニトマト
  • 豚肉のニンニク甘醤油焼き
  • まいたけとナスの炒め物
  • インゲンともやしの炒め物

今日も美味しく出来ました♪

私がどんな思いでお弁当を作っているのかは下記をご覧あれ~。

お弁当のススメ
お弁当でみんなハッピーに みなさんはお昼ご飯に何を食べましたか? 誰と食べましたか? お弁当を持っていく人も途中で買う人も、 お店で食べる人もいると思いますが、 何を基準にして選びましたか? お弁当制作歴17年! ...

おまけ2(今日のアヒルさん)

今日のアヒルさんです♪

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました