手仕事のススメ〜ジューンベリージャム〜

この記事は約5分で読めます。

ジューンベリー

ジューンベリージャム作り

今年もやってきましたジューンベリーの季節が♪

季節の手仕事で、皆さんもジューンベリージャムを作ってみませんか♫♫

皆さんはジューンベリーをご存知ですか?

栽培が簡単で、庭のシンボルツリーにおすすめの花木なんですよ♪

この時期果実が採れるんですよ♫

今が旬なのです!!


園芸雑誌の定番ジューンベリー

園芸雑誌や園芸の本が好きで読んでいたら、たびたびジューンベリーが紹介されていたので気になっていて、数年前にやっと道の駅で見つけたので即購入しました( ^ω^ )

ジューンベリーをご存知ない方のために、ちょっとご紹介しますね^ – ^

ジューンベリーについて

和名でジューンベリーと言って、別名をアメリカザイフリボクと言います。

バラ科ザイフリボク科に属する小木です。

香りのする白い花を数多く咲かせ、花以外にも初夏にたわわに実る果実を生食やジャムに加工して楽しむほかに、秋の紅葉、美しい樹形と四季を通して楽しめます

耐寒性、耐暑性に強く、初心者でも育てやすいそうです。葉は落葉します。

大きくなるので庭の直植えがおすすめです。

我が家の庭に植えて数年ほど立ちますが、年々木が大きくなるにつれて採れる実の量も増えていっています。

これといった手入れはしていませんが、伸びすぎた枝は切るようにしています。

実はそのまま食べることもできますが、今年はたくさん採れたのでジューンベリーのジャムを作ってみました(^-^)

ちょうど、5月下旬くらいが旬♪

ジューンベリージャムの作り方

せっかくなので、ジューンベリージャムの作り方をご紹介いたします。

  1. ジューンベリーの実を収穫
  2. 果実の重さの半分の砂糖を入れる
  3. ジューンベリーを洗って、小鍋に投入
  4. 2で用意した砂糖を全体に振りかけて10分ほど休息
  5. 火をつけて煮詰め
  6. 好みでレモン汁を投入
  7. ジャムが冷めたら完成
  8. 保存

1,ジューンベリーの実を収穫

熟れておいしそう

赤黒く熟したジューンベリーの実を収穫します。

2,果実の重さの半分の砂糖を入れる

ジャムに入れる砂糖の量ですが、大体果実の重さの半分がいいそうです。

収穫した実の量をはかってから計算して用意します。

私はきび砂糖を使いました。

ハチミツや上白糖でもいいかと思います。

※参考までに、、、ジューンベリー800グラム、砂糖240グラム、レモン汁大さじ3

3,ジューンベリーを洗って、小鍋に投入

ジューンベリーを洗って、小鍋に入れます。

私は種ごと作って、種も食べています(o^^o)


※ジューンベリーの種が気になる人は、裏ごししてから煮るといいでしょう♪

4,2で用意した砂糖を全体に振りかけて10分ほど休息

ジューンベリー休息中

2で用意した砂糖を全体に振りかけて10分ほどおいておきます

砂糖が果実の重さの半分だと甘すぎる人もいると思うので、まずはかっておいた砂糖の半分だけふりかけて後から足すなど調整てください。

砂糖3割くらいで作る方も多いみたいです。

甘さ控えめでも素材の味が引き立っていいと思います。

私は大体いつも目分量で作っていますが、、、それにすぐ食べ切ってしまうので甘さ控えめを心がけています

長く保存したい人は,カビが生えないようにするためにも砂糖は減らさない方がいいかもしれません。

5,火をつけて煮詰め

いい感じになってきました

火をつけて煮詰めていきます。

6,好みでレモン汁を投入

あまりに詰めすぎると、冷えた後に硬くなり過ぎてしまうので、ここだというタイミングの一歩手前を意識して火を止めてください♪

好みでレモン汁をいれてまぜます。

7,ジャムが冷めたら完成

見た目もおしゃれ

ジャムが冷めたら、ヨーグルトにかけていただきます^o^

いしいですよ♪

8,保存

ジャムが余ったらタッパーにいれたり、煮沸した瓶(ジャムが熱いうちに入れて蓋をします。)に入れて保存したりしますが、我が家は甘さ控えめでジャムにしてるので「早めに食べ切って」います

たくさん作っても、あり難いことに子供達にペロリと食べられてしまいます♫

ちなみに

調べたところによると、6月下旬〜7月にその年に伸びた枝10センチほど切って赤玉土や市販の挿木用用土に挿して増やせるそうすよ♪

私もさし木に挑戦してみようかなと思います^ – ^

最後までお読みいただき、ありがとうございます♪

おまけ(今日のお弁当)

マーちゃん
マーちゃん

メイン

  • ご飯に上には、焼き豚バラと自家製ふきの佃煮
マーちゃん
マーちゃん

おかず

  • 餃子
  • 手作り真竹のメンマ
  • きゅうりの塩揉み
  • ひじきの炒め煮

以上

 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました