散歩のススメ

この記事は約3分で読めます。

まずは散歩から始めてみよう

今朝は雨が降っていて、相変わらず耳鳴りもしていましたが、すっきりと起きられた感じです。

前回は、持病のメニエール病のことと膝のことをお話ししました。

去年の緊急事態宣言がでたときは、子供たちも小学校と中学校が休校になったので、運動不足にならないように、気分転換になるように、毎日散歩に出かけていました。

周りは山や田んぼに囲まれた自然豊かな環境なので、子供たちと歩いているとコロナの不安や今後世の中がどうなって行くのが、私の病気はどうなるのか、そんなもろもろの不安も少し薄れるようでした。

大人だけでなく、子供たちも日常がかわり不安だったことでしょう。

ふくらはぎは『第二の心臓』

ふくらはぎは、『第二の心臓』と言われているように、歩いて血流を良くすることは健康にいいことはご存知だと思います。


膝の病気も痛みがないときは歩いた方がいいと外科のドクターのススメもあり、無理のない程度に歩いていました。

でも、子供たちの学校が始まってからは、1人で散歩に行く気になれず、気持ちも前向きになれない日があったりと一進一退の日々でした。

やっかいなメニエール病

膝の病気も長くつきあわないといけませんが、やっかいなのはメニエール病(汗)年々ひどくなっていて、困っています。

毎日の気候(低気圧はやばい )や花粉症など季節によるもの、その日体調などにより、身体のきつさもかわります。

頭痛がしたり、突然の動悸、ふらふらつき、耳鳴りが頭中がんがん響いたり、難聴がひどくなり聞こえづらくなったり、耳が詰まったような感じがしたり…。

立ち上がれずたびたび寝込むこともありました…。

いつも、家族に助けられ、支えてもらっていて、ほんとにありがたいと感謝の気持ちでいっぱいです

こんな感じなので、去年ドクターストップがかかって仕事をやめた後は、働きたいけど、働けずでした

どうやって今後の人生を自分らしく生きていきたいのか悩み考えました。

子供たちともよく話し合う日々が続きました。

そこで、思い切って自宅で仕事をすることにしました。

去年の夏から、個人事業主として申請して、手探りで勉強しながらスタート♫

人生何が起こるかわからない

人生、何が起こるか分からないですね。

何が起きても、周りに流されず、どうしたいのか、どうありたいか決めて行くのは自分自身ですよね。

つらいことや理不尽なことがあったとき、変われるのはいつだって自分次第です。

前に進めない気持ちのときは無理せずゆっくりと。

私もここまで気持ちが回復するのに一年もかかりました(汗)

散歩は気分を前向きに

散歩に行く気持ちになれたこと、また趣味のハンドメイドやパン作りを楽しめるようになったこと…。

それがとても嬉しいです♫


病気はまだ良くなっていませんが、自分に出来ることをして、治していきたいです!

今日も雨上がりの後、散歩してきました。

景色を眺めながら、気持ちの良い風に吹かれて、今日も家族と過ごせることに感謝しています。

個人事業主の話しは、また次回に。

最後までお読みいただき、ありがとうございました♫

 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました