田舎暮らしは自然の宝庫!〜川遊びの魅力編〜

この記事は約6分で読めます。

田舎暮らしは自然の宝庫!〜川遊びの魅力編〜

今話題の田舎暮らしですが、田舎暮らしといえば、どんなイメージがありますか?

田舎に対して良いイメージを持っている人もいれば、マイナスのイメージを持っている人もいるでしょうか。

私にとっての田舎暮らしの魅力といえば、自然豊かな環境、のびのびとした子育て、安くて美味しい農産物、リラックスした環境、家庭菜園ができる、空気がきれい、ニワトリやアヒルが飼える…など、その魅力を数え上げればキリがありません(o^^o)

今回のブログでは、川遊びをテーマとして田舎暮らしの魅力をお伝えしていきたいと思っています!

田舎の川は生き物が多く、きれいな水のところが多いです。

子供達の遊び場にもってこいですよ♪


最後まで、よろしくお付き合いくださいませ(*´꒳`*)

「東京から九州へお引っ越し」

私と旦那様が結婚してしばらくはそのまま東京に暮らしていましたが、ご縁があって、東京から九州のとある田舎に引っ越してきました。

旦那様の仕事の関係での引っ越しでもあったのですが、田舎で暮らせることになって大喜びしたのを覚えています♡

引っ越してきた九州の田舎は、自然豊かな環境で景色がきれいで感動しました!

そもそも、私は田舎で暮らしてニワトリを飼って暮らしたいとの夢があったので、早々に田舎で暮らせることになって嬉しかったですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

初めて今住んでいる地域に下見に来た時の季節は5月でしたが、東京よりも太陽が近く、日差しが眩しく強く感じたのを覚えています。

それに、畑で緑色した麦がきれいに育っていて、近くに山も川もあって自然豊かな環境が美しくすぐに気に入りました。

「これからこの地域で生活することになるんだ!」と不安よりもワクワクした気持ちの方が強かったです♫

幸い?旦那様も都会よりも田舎暮らしがしたいと思っていたので、夫婦2人希望を胸にやってきました。

2人とも農業大学出身なので、趣味や考えがあったのでしょうね。

引っ越し先の希望は、家に畑があること。

ニワトリを飼った生活をすることが目標でした!

引っ越してきた場所は初めての地域なので、住むところを見つけるのが大変でしたが、地域性やどの地域が便利がいいかわからなかったので、初めは会社の近いところに家を借りて住みました。

なんとなく田舎は家賃が安いように思い込んでいましたが、不動産に詳しくない私でも都会と同じ、もしくは高め?!な気がしました。

値段が高めなのは、当時住む場所自体があまりなく、選べないことも原因だったのかもしれませんが…

数年ほど平家を借りて住んでいましたが、数年後これまたご縁があって、家を購入することになり、引っ越しました。

なんとその場所が、引っ越してきて初めて下見にきた当時、住む場所が見つからず諦めてていた地域だったのでびっくりしました(゚o゚;;

その地域にはきれいな川が流れていて山がきれいに見えていて、雰囲気の良い地域でとても気に入っていたのです。

人生は巡り合わせですね。


今の家は住んでい15年ほどたちますが、この地域に住んで良かったな〜!と思っています。

「田舎で住むにあたって大事なこと」

田舎でも急速に高齢化が進んでいて、小さい子供がいないわけではないのですが、地域でここ最近赤ちゃんをみることは少なくなっています。

子供は少ないですが、子育て支援も充実しているし、幼稚園や保育園、小中学校も比較的近くにあります。

何より地元のお医者さんが開業した頼りになる病院が近くにあるのが心強いです。

この地域は、田舎とはいえ高速道路が近くにあるし、買い物するお店も近くにあります。

田舎に住む上で、自分たちもいずれ高齢となっていくのを考えると、若いうちだけでなく、歳をとてからでも住める地域なのか、長く住める地域であるかが重要になってくると思います。

田舎暮らしをするときは、自分たちがどういった地域でどのように暮らしたいかというビジョンとともに、事前に住みたい地域の下調べが大事だと思いますよ♫

「魅力的な川遊び」

私の住んでいる地域には、とてもきれいな川が流れていています。

川にはカワセミが飛んできたり、白サギなどが魚をとりにきたりして、訪れる生き物を見るのも楽しみです♪

アカハライモリや魚、アメンボやトンボなどたくさんの生き物が住んでいましたが、数年前に豪雨災害があってから河川が氾濫し、その復興工事が今もなお続けられています。

数年は川に入れませんでしたが、最近またやっと川で遊べるようになりました( ´∀`)

河川工事をした後の川には、生き物が帰ってこないことがあると聞いていたので心配していましたが、魚やアメンボ、川エビは戻ってきました!でも、たくさんいたアカハライモリは見かけなくなりました…(~_~;)

私には4人の子供がいます。

小学生が2人と中学生が2人です。

子供達は小さい時からこの川に遊びに来ていました。

網を持って魚をとったり、石を並べてみたり、生き物を探したり、サンダルを遠くに投げて流れてくるのをキャッチしたり、水切りをしたり…。

特別な遊び道具がなくても、子供は遊びの天才。

なんだかんだと遊びを考えては、水に濡れながら楽しんで遊んでいます。

今は9月上旬ですが、まだ暑い日が多く、川で遊んでも気持ちがいいくらいです。

川の水がひんやりしていて気持ちがいいと喜んでいます。

川遊びには、帰ったらすぐにお風呂に入れるように夕方遊びに行くことが多いです。

夏休みは新型コロナの影響でなかなか遊びに行けませんでしたが、近くのこの川は貸切状態。

地域の取り決めで川遊びには親がついていかないといけないと決まっていますが、私は楽しみながらついていきます。

子供の様子を見守りつつ、川のせせらぎに癒されながらほっと一息つくリフレッシュの時間となっています。

何より、子供の楽しそうに遊んでいる姿はいいですよね🎶

川遊びに行くときの注意点としては、雨が降りそうな時、雨が降っている時、雨の上がった後は水の量が増えて危ないので、天気予報で天気を確認することが大事です!

相手は自然のものなので、無理しては行けません。

いつまでもこのきれいな川を、地域の人と共に守っていきたいと思います(о´∀`о)

河川の復興工事はまだまだかかりそうですが、生き物が戻ってきてくれていることが本当によかったです!

「本日のまとめ」

地域に住む人が地域を守っていく。

それは都会でも田舎でも変わらないと思いますが、環境を大事にすることは住んでいる環境を愛することだと思います

私の住んでいる地域の人は自分たちの地域を大事にしている人が多いと思います。

自主的に見回りをする人、パトロール兼ねて散歩している人、ボランティアでゴミを拾っている人…

そういう大人を見て、子供たちも自分たちの住んでいる地域を大事に守っていくのだと感じています。

自然の中で元気いっぱいに遊ぶ。

子供時代にそういった経験ができることに感謝の気持ちでいっぱいです。

今回のブログでは、田舎暮らしの特権として、いつも近くに川があることのありがたさ、子供と一緒に川遊びに行くことの楽しさを中心にお話ししてきました。

田舎には田舎のよさが溢れています。

今後もブログでご紹介したいと思っています( ´∀`)

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました♪

 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました