我が家に子猫がやってきた!~用意したものとノミ取りの方法について〜

この記事は約10分で読めます。

我が家に子猫がやってきた!~用意したものとノミ取りの方法について〜

突然ですが、我が家に子猫の家族が増えました〜(о´∀`о)

黒猫のKIKIちゃんです♪

ご縁があってこの度我が家で引き取ることになり、子供たちは大喜びです!

私は実家で猫を飼っていたので、大体の猫の飼い方と暮らし方、猫の可愛さは知っています(*´∇`*)

でも、いざ飼うとなると気になることがたくさん…

今回のブログでは、猫を引き取ることにした我が家が、急きょ用意したものと猫ノミの対策についてお話ししたいと思います。


最後までよろしくお願いいたします(*´꒳`*)

「実家での猫との想い出」

猫。

私は子供の頃から実家で、猫に囲まれて生活していました。

動物好きの家族だったので、猫だけでなく犬やセキセインコ、ハムスター、ウサギなどいろんな動物に囲まれて育ちました。

猫のかわいい姿と人懐っこい性格は、私にとっていつも癒しを与えてくれる存在。

当時は猫は基本的に室内で飼っていましたが、外に散歩に出ることがあり、自由に家の中と外を行き来していました。

今は近隣の人との問題から、室内飼いの方が多いのでしょうか。

小学校から帰ってくると、決まって家の門の柱の上で待っていてくれた猫ちゃん。

足元にすりよってきて、一緒に家の中へ帰ったものでした。

膝の上にのってきたり、夜は一緒に布団で寝たり、冬は一緒にこたつに入ったり…

猫の温かいぬくもりに安心したものです。

猫との生活は、時に驚きをもたらしてくれました。

もぐらやセミを捕まえると褒めて〜といわんばかりに見せにやってきます。

驚く飼い主をよそに、嬉しそうな猫ちゃん。

猫を飼ったことのある人なら経験した人も多いはず。

猫じゃらしやヒモをゆらすと、夢中で戯れてくるのもかわいいですよね。

猫との想い出はたくさんあります(๑˃̵ᴗ˂̵)

実家では今も猫を飼っていますが、新型コロナウィルスの影響もあって、遠方の実家に帰っていないので、また会いにいける日が楽しみです♫

「子猫とのご縁」

先ほどもお話ししたように、実家では猫を飼っていましたが、結婚して引っ越しをしたり、子供が生まれてからは猫を飼うことはありませんでした。


猫を飼いたいと思っても、外出するときのことやエサ代、病気になった時などのことを考えると子育てと仕事で手一杯だったこともあり、なかなか猫を飼うことにふみきれませんでした。

最近は、子供達も大きくなり、猫好きの私はいつしか猫を飼いたいというようになりました。

不思議とタイミングよく、子供も猫を飼いたいと話すようになりました。

今は庭に小屋を建ててニワトリとアヒルを飼っているので、「猫はどうかなぁ?いたずらせずに、鳥たちとうまくやっていけるかなぁ」と心配もありました。

そんな中、ある日の休日、旦那様との買い物から帰ってくると庭に小さな子猫が。

とっても人懐っこいので飼い猫だと思うのですが、1匹でウロウロしています。

家で留守番していた子供たちが子猫に気づいて遊んでいた様です。

野良猫にしては、人に慣れている。

まったく警戒していないどころが、擦り寄ってごろんと横になってくつろぐありさま。

「子供は飼ってもいい?」というのですが、「この人懐っこさは飼い猫じゃない?」と話し、近所に野良猫にエサをあげてお世話している人がいるので、そこの猫じゃないかなと子猫を連れて聞きにいきました。

庭にいたことを話すと、「迷惑をかけてしまってごめんなさいね」と言って、あやまっていましたが、「飼いたいなら連れて行ってもいいのよ」と言ってくれました。

その時は、飼いたいと言い切れませんでしたが、子猫のあまりの可愛さに飼いたいなとの気持ちがあり、家に帰って家族会議。

子供たちは張り切って、飼いたいと言っています。

「世話はできる?生き物だからきちんと責任を持って飼わないとといけないよ」と話し合いました。

アレルギーの子がいるので、室内で飼うことはできないので、「庭に小屋を立てて飼うことになるよ」と外で飼うことを条件に「明日猫を迎えに行こう」と決めました。

さて、次の日学校から帰ってから猫の家に行くと、なんとその子猫ちゃんはまた家から逃げ出してしまったとのこと。

戻ってきたら連絡をしてくれることになりましたが、何週間待っても連絡はありませんでした。

先日、日課の散歩に子供と一緒に行った時に、似たような黒猫がいるではありませんか!

猫の家の人に尋ねると、「この前連れてきてくれた猫じゃないと思うけど、気に入ったのなら連れて行ってもいいよ」と言われ、ついに引き取ることにしました。

これも何かのご縁ですね(*´∀`*)

この子猫ちゃんも真っ黒でとても人懐っこい。

何週間かたっているので、このくらい大きくなっているのかもしれません。

同じ子猫ちゃんかもねと言いながら、大事に育てることに決めました。

「子猫を家に連れ帰ってからしたこと」

子猫を急遽飼うことになったので、家に変えてからしたこと

  • ・お風呂に入れて体をきれいにした。とってもかゆがっていたので
  • ・いただいたエサをあげた
  • ・トイレを用意した
  • ・制作好きの長男が簡易家を用意
  • ・名前を決めた
  • ・逃げないようにハーネスとリードを用意した

子猫は野良猫同然で暮らしていたということで、体をものすごくかゆがっていたので、家に連れ帰って早速お風呂場で体を洗うことにしました。

すでに夕方だったので、ハーネスとリードを旦那様に仕事帰りに買ってきてもらうように電話してお願いしました。

猫ちゃんは体をかいかいして、ずっとかゆそうで可哀想なくらい。

それにお腹も空いているのか元気がない。

引き取った時に今日の分のエサをいただいたので、まずは体をきれいにしてから、ご飯にすることにしました。

逃げないようにドアを閉めて、お風呂場へ。

体の毛もベトベトしています。

温めのお湯をおしりのほうからゆっくりかけました。

お湯を体にかけてもそんない嫌がらず、元気がない感じ。

実家で飼っている猫をシャンプーしたときは嫌がって暴れて大変だった思い出があるので、子猫とはいえ拍子抜けしました。

お利口さんにシャンプーされる子猫。

猫用のシャンプーがないので、人間用のシャンプーで洗いました。

シャンプーを舐めないようにガードしながら手早く洗って流します

実家で猫を洗った経験が役に立ちました♪

お湯で流すと、土の色とノミに吸われたせいでしょうか、血のようなものも流れていきました。

その汚れの多さにびっくり。

さすが野良ちゃん…

そして、流れ出てくるノミの量ビックリ(^◇^;)

あんなにかきむしっていたのに納得です。

5回はシャンプーで洗って、すすいでを繰り返しました。

最後に浴槽の中につけてよ〜く、すすぎました。

この時、子猫の足が浴槽につくくらいのお湯の量にしておくと子猫も安心しますよ。

足がつかないと不安なためか暴れます。

猫専用タオルを急っきょ用意し、体の水分をふきとりました。

このタオルにもノミがついたので、袋にいれて処分しました。

お風呂場のなかでドライヤーで毛をよく乾かしました。

乾かしている間も死んだノミがポロポロとでてきます(・_・;

これは痒くて今まで寝れていなかったんじゃないかなというくらいのノミの多さ。

野良猫は劣悪な環境で育っているんだなと実感しました。

野良猫に餌をあげるのなら、きちんと責任を持って飼ってあげないと結局猫が可哀想だと思います。

子猫を洗った後の浴槽とお風呂場は、いつもより念入りに洗いました。

毛が乾いてすっかりきれいになった子猫。

タイミングよく旦那様が帰ってきてくれ、新しいハーネスとリードをつけました。

子猫なので、首輪が抜けてしまう心配があったので、首と胴回りにヒモを通すハーネスにしてもらいました。

100円ショップで買ってきてもらったのですが、動物用品がたくさんあったそうです!

エサと水をいれる容器は、使っていないかわいい食器があったので、それに入れています。

お風呂が終わった後、いただいた猫用のエサをあげるとモリモリ食べました。

食欲があったら安心です( ´∀`)

その間に、家にあった適当な大きめの容器に庭の土を入れてトイレを作り、小屋の近くにセット。

家に来た日の夜は落ち着かない様子だったのですが、なでなでしたり声をかけるうちに落ち着いてきました。

夜も様子をみたら寝ていたので、ひとまずほっとしました。

次の日もご飯をモリモリ。

そして、トイレ用においてた土の中でおしっこをしたのです!

なんてお利口さん!

学校が休みだったので、子供と一緒に猫用のエサを買いにお店に見に行ったのですが、種類の多さにびっくり!しかも美味しそう!

どれにしようか悩みましたが、子猫用の総合栄養食であるカリカリフードを購入して帰ってきました。

家に来て2日目もノミが気になったので、お風呂に入れました。

まだノミが少しいる模様。

だいぶ取れたのですが、ノミ取りのクシでもとってあげていますが、ノミのたまごがたくさん付いているのを発見!

先ほど慌ててノミ取りシャンプーを飼ってきたところです。

薬用猫専用シャンプー。

ホームセンターに買いに行ったのですが、600ミリリットルで1000円くらいでした。

しばらくは毎日洗ってあげないといけないと思いますが、子猫も辛いだろうし、きちんとお手入れしてあげようと思います。

トイレ用の砂も専用のものを用意してあげなくてはと思っています

猫も大切な家族。

もと野良猫ちゃんだったとはいえ、今まで頑張って生きてきて、今もやせているのでまずはたくさん食べて大きくなってほしいと思っています。

家に来て3日経ちましたが、エサをモリモリ食べ、ぐっすり寝てよく遊び、動きも活発になってきました(о´∀`о)

さらに、なついて膝の上でも寝るようになっています。

甘えん坊の子猫ちゃん。

名前はKIKIにきまりました。

魔女の宅急便に出てくる黒猫のジジにそっくり。

主人公のKIKIの方の名前をもらって名付けました。

これから、仲良く暮らしていきたいと思っています。

アヒルさんとニワトリさんとも仲良くなるように徐々に近づけてみようと思っています。

「子猫を飼うにあたって用意したもの」

新し家族を迎えるにあたって、用意したもの。まずは必要最低限のものを用意しました。

「家にあったもので代用」

  • ・エサ入れと水いれの食器
  • ・猫の家(長男手作り)
  • ・猫の家に入れる毛布
  • ・リードを長くするためのヒモ
  • ・トイレ用の入れ物と土

「お店に買いに行ったもの」

  • ・ハーネス 100円ショップ
  • ・リード 100円ショップ
  • ・子猫用の猫のエサ 600円位
  • ・薬用ノミ取り駆除シャンプー 1000円

「本日のまとめ」

ご縁があって、我が家にも念願の子猫がやってきました。

もと野良猫ちゃんなので、やせているし、ノミもたくさんついていてかゆそうでしたが、お風呂に入って、ノミを駆除し、だんだんと食欲も出てきて動きも活発になってきました(๑˃̵ᴗ˂̵)

安心した様子で、気持ちよさそうにお昼寝する姿が見られるようになりました。

今まで辛くて大変だったとおもいますが、我が家に来たからには、たくさん可愛がって幸せに暮らして欲しいと思っています。

今後はKIK用様にのびのびと過ごせるように小屋を建てたり、遊び道具を作ってあげたりしたいなと思っています。

病気になったらお世話になるであろう動物病院もリサーチしなくてはと思っているところです。

子供が猫を飼っている友人に情報を聞いてきてくれることになっています。

飼われていたとはいえ、野良猫に近い生活をしていたので、1度健康診断にいったほうがいいかもと思っているところです。

動物病院は保険が効かないみたいなので、診察料など高いと思いますが、それも覚悟の上で飼わなくてはいけませんね(゚o゚;;

今回のブログでは、猫を引き取った我が家が急きょ用意したものと、ノミ取りの方法をお話ししました。

猫も一生懸命生きています。

責任を持って、大事に育てましょうね!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました♪

おまけ1(今日のお弁当)

マーちゃん
マーちゃん

メイン

  • ご飯の上には、自家製梅干し
マーちゃん
マーちゃん

おかず

  • 豚肉とナスの味噌炒め
  • ベーコンと白菜の炒め物
  • タマネギとキャベツのサラダ

今日も美味しく出来ました♪

私がどんな思いでお弁当を作っているのかは下記をご覧あれ~。

お弁当のススメ
お弁当でみんなハッピーに みなさんはお昼ご飯に何を食べましたか? 誰と食べましたか? お弁当を持っていく人も途中で買う人も、 お店で食べる人もいると思いますが、 何を基準にして選びましたか? お弁当制作歴17年! ...
 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました