田舎暮らしに身近な危ない生き物ムカデ!我が家のムカデ対策の取り組みを紹介

この記事は約12分で読めます。

田舎暮らしに身近な危ない生き物ムカデ!我が家のムカデ対策の取り組みを紹介

虫は好きですか?

虫といってもいろいろいますね。

子供たちに人気の虫といえば、てんとう虫、カブトムシ、クワガタムシ、トンボ、せみ、ダンゴムシ、チョウチョにバッタ、カタツムリ…

これからの夏休み、子供たちは虫取りで盛り上がりそうです(о´∀`о)

反対に人間に嫌われがちな虫といえば、クモやゴキブリ、ヤスデ、ガ、ハチ、今回のテーマであるムカデ…

田舎には虫がたくさんいます。


関東の実家で暮らしていた時は、家の中にゴキブリがいるのを年に1回見るかみないかくらいでしたが。

田舎暮らしをしている今の家では、結構な頻度でゴキブリに出会います。

最近は、ゴキブリを退治するのもお手のものになってしまいました。

九州には、アシダカグモという大きな茶色いクモがいます。

家の中にも普通にいるものだから、引っ越してきて初めてみた時はほんとに驚きました(・_・;

カサカサと歩く、アシダカグモの足音が聞こえるくらいに大きいのです。

存在感も半端ありません。

ゴキブリを食べてくれるのですが、実際にアシダカグモがゴキブリを捕まえてかかえているのを見たことがありますが、迫力がありましたね…

見た目で子供たちが嫌がります。

田舎で暮らすには、虫とうまく付き合っていかないといけませんね。

九州は関東にいなかった虫がたくさんいるし、虫の大きさも大きい

カミキリムシやカタツムリ、バッタ、ミミズ、ムカデ、クモのサイズなどがBIGです。

今回は特に悩まされている「ムカデ」について詳しくお話しするとともに、我が家のムカデ対策のお話をしていきたいと思います。

害虫対策をして、快適に安心して、田舎でも暮らせますように!

最後までお付き合いくださいね。

では、スタートです!

我が家の自己紹介

初めまして!

マーちゃんです(*´꒳`*)

簡単に自己紹介させてもらいますね〜♪


私は、小さい頃から植物と動物が好き。

実家の庭では、花や野菜を育て、犬や猫、ハムスターなどたくさんの動物に囲まれて育ちました。

高校進学を考えた時には迷わず、農業高校を選び3年間とっても楽しく学びました。

自然の中で野菜や花、果物を栽培した農業実習は、最高に楽しかったですね〜(*´꒳`*)

さらに大学は、大根踊りで有名な某農業大学に進学して、どっぷり農業を学んできました。

そんな中で、いつしか都会での暮らしよりも田舎での暮らしをしたいと思うように♡

毎日自分が食べるものを、少しでも自分の手で作り出していけたら最高ですよね。

田舎で暮らすにあたって、家の近くに畑があることとニワトリが飼えるところを条件に探しました。

循環型農業に興味があるので、それっぽいことがしたい!

仕事を農業にするのではなく、生き方として土から離れずに生きていきたいと思ったのです。

家庭用なら自分の好きなように、栽培できますしね。

私は22歳で旦那様と結婚しました。

しばらくは東京に住んでいましたが、憧れの九州で田舎暮らしすることになり、引っ越してきてから17年が経ちました。

現在は、中学生2人と小学生2人の子供が4人います。

6人家族で、毎日賑やかに暮らしています(*´ω`*)

庭では、ニワトリ6羽とアヒル2羽を飼っていて、その可愛さに日々癒されています。

ニワトリからは、ほぼ毎日新鮮な卵をもらっています。

アヒルは、インターネットで有精卵を購入して、孵卵器で温めて今年の3月に産まれたばかりです。偶然にも、オスとメスのつがいでした(o^^o)

アヒルのメスは、生後6ヶ月くらいしたら卵を産み始めるそうなので、楽しみにしています╰(*´︶`*)╯

以上、簡単な自己紹介でした♫

ムカデについて

田舎に引っ越してきてから、気づいたことはたくさんありますが、その内の一つ。

虫がたくさんいるということ。

私はそんなに苦手な虫はいないのですが、

九州の虫の大きさに、引っ越してきた当初はいちいち驚いていました(^◇^;)

中でも、ムカデはすごい…

大きさが怖いくらいです。

庭にいるのはまだしも、家の中にも時々入ってきます。

今回取り上げるムカデ。

困っている人も多いのでは?

まずは、ムカデがどんな虫なのかみていきましょう!

ムカデってこんな虫

ムカデは、細長い体にたくさんのあしがあります。

人が生活する上でよく見るムカデは、トビズムカデやアオズムカデなどです。

よく動いて活動的なムカデで、人をかむなど攻撃性が高いのが特徴です。

ムカデの頭の先にピヨっとでている顎肢(がくし)という触覚。

足が変形してできた器官です。

この器官に毒腺があって、この毒で昆虫などを捕まえて食べています。

トビズムカデやアオズムカデについて、それぞれみていきましょう。

トビズムカデについて

  • 生息地…本州以南
  • 体長…130〜160ミリメートル
  • 生息場所…通常は、雑木林の落ち葉の下や朽木の中などの湿った場所

被害の多い季節は、初夏から秋といわれています。

肉食性で、バッタやゴキブリ、クモやガなど昆虫を捕まえて食べます。

トビズムカデは、オオムカデの一種で、日本産では、最大級のムカデ!!だそうです。

頭は赤色、足は黄色っぽく、体は黒光しています。

見るからにムカデ!という感じです…

アオズムカデについて

  • 生息地…本州、四国、九州
  • 体長…60〜100ミリメートル
  • 生息場所…通常は、雑木林の落ち葉の下や朽木の中などの湿った場所

被害の多い季節は、初夏から秋にかけてなので、対策をしっかりたてましょう。

アオズムカデは、やや緑がかった色のムカデです。

トビズムカデの亜種になります。

やや小型ですが、毒性はトビズムカデと同じように強いので注意してくださいね!

ムカデにかまれたら、ほんと痛いです。

寝ている時に、小さい緑色したムカデにかまれたことがありますが、とっても痛くてしばらく腫れたりしました。

私や家族がかまれた時は、病院に行くほどではなかったですが、しばらく痛かったし、よくなったと思ってもまた痛痒くなったり。

家に置いてるオロナインや、毒だみの花を焼酎につけておいてる常備薬をかまれたところに塗って治しました。

梅雨時期も注意しよう

被害の多い季節は初夏から秋とされていますが、梅雨の時期も要注意ですよ!

ムカデは、エサとなるゴキブリやクモなどを食べるために家の中に入ってくることもあります。

我が家も梅雨時期に、廊下で歩いてるムカデを目撃したり、畳の上を歩いているところを目撃したり。

「ムカデがいる〜!」子供が大きな声で教えてくれるので急いで駆けつけ、ティッシュで包んでトイレに流します。

だいたい虫に強い、私か次男の役目となっています(^^;;

近所の友人に聞いたら、ムカデは大体つがいで行動しているから、潰したらもう1匹が匂いにつられてでてくるから潰さない方がいいよと教えてくれました。

家の中にでたムカデは、熱湯をムカデにかけて退治するといいそうですよ。

でも、我が家はお湯を常にポットで用意していないので、お湯を沸かしている時間に逃げられたらと思うと、我が家の場合潰して退治してしまいます。

それか、ニワトリに食べてもらっています(*´∇`*)

ムカデにかまれたら

ムカデ。

かまれると、寝ていても起きるほどに痛い∑(゚Д゚)

私も旦那様も子供も、寝ている時に噛まれたことがあります。

痛くて「何事?!」と飛び起きます。

痛いのがしばらくすると痛痒くなり、それがまた辛い。

何日かすると落ち着くのですが、痛痒くなったり落ち着いたりをしばらく繰り返して、長引きます。

毒性が強いのでしょうね…

かまれた近くに、まだムカデがいるはずなので、見つけて退治します。

またかまれたら、たまったものじゃないですからね。

かまれた時は、かまれたところを水で洗ってから、オロナインや常備薬を塗っています。

もう、ムカデにかまれたくないなぁ(^_^;)

我が家のムカデ対策

引っ越してきてからなんだかんだで、毎年ムカデに悩まされていた我が家。

子供が小さかった頃は、子供が口に入れてしまうのが心配でしていなかった対策も、今ではできるようになりました。

ただ、家周りに撒くムカデ退治用の粉ですが、最近はアヒルさんが庭で遊ぶので、たべてしまったらいけないのでまた撒くのは止めています。

その時々できる方法で、対策していくしかありませんね。

参考になればと、家周りの対策と家の中の対策に分けてご紹介しますね。

家周りの対策

  1. 家周りをすっきりさせる
  2. ムカデ退治用の薬を撒く
  3. その他

内容を詳しく見ていきましょう。

①家周りをすっきりさせる

風通しの良いように、管理しやすいようにはもちろんですが、虫の住処となる草や花は家の周りには植えずに、家周りをすっきりさせるようにしました。

庭に木や畑があるので、どうしたっていろんな虫が来るのですが、家の周りに植えていた草や花は移動させました。

落ち葉もまとめて、家から遠いところで腐葉土を作るようにしました。

まだ玄関先や家の横など、手入れをしたい箇所はあるのですが、ぼちぼち作業していこうと思っています。

②ムカデ退治用の薬を撒く

ホームセンターなどで、ムカデ対策用に粉のくすりが売られています。

家のまわりにまいて侵入を防ぐタイプです。

ただ、小さい子供さんがいたり、ペットを飼っている人は口にいれてしまわないように気をつけてくださいね。

我が家はアヒルさんを庭で遊ばせたりするので、今は使っていません。

③その他

ゴキブリ退治のように、毒入りのエサをムカデに食べさせて退治するものも売られています

ホームセンターなど、お店に行って、害虫駆除コーナーをみてみると良いかもしれませんね。

家の中の対策

  1. 寝るときは蚊帳で寝る
  2. ムカデのエサとなるゴキブリ退治
  3. 掃除をする

詳しく見ていきましょう!

①寝るときは蚊帳で寝る

蚊帳。

最近はあまり使っているお家はないかもしれません。

トトロの一場面でも、寝る準備をしているところで蚊帳を主人公たちがはっていますね。

でも、あの蚊帳は飛んでくる虫を中に入れないための蚊帳です。

蚊帳は蚊帳でも、ムカデが入ってこないように作られている蚊帳があるんですよ。

上や横に網があるのはもちろん、したから入ってこれないように下の面にも網や布が貼ってあります

寝ている時にムカデにかまれるのが嫌で、ムカデに困っているのを友人に相談したら、「こんな蚊帳があるんだよ」と先程のムカデ対策用の蚊帳のことを教えてくれたのです。

友人は四国の山奥に住んでいて、同じくムカデに困っていたところ、この蚊帳を知ったとのことで、ムカデ用の蚊帳にしてからは「快適に寝れるようになった!」と教えてくれたのです。

インターネットで調べたらでてきましたよ( ´∀`)

便利な世の中ですね〜。

ムカデ対策用の蚊帳は、吊るすタイプもあるのでしょうが、我が家では、ワンタッチタイプのものを使っています。

使わないときは、ワイヤーをくるっと丸くすることで、網や下の布も同時に収拾できます。

広げる時も、ぱっと大きくなるので便利です。

ただ、蚊帳をすると場所がとられてしまうし、圧迫感がでてしまうのが欠点です。

でもそれよりも、『ムカデにかまれず安心して寝られる』というのが大きいです!

気をつけたいのは、布団を干した後です。

布団を干したときに、ムカデがついていたことがあって、寝ているときに子供がかまれ…

それ以来、布団を取り込むときはムカデがついていないかよく見てパタパタして、より一層気をつけるようにしています。

蚊帳をして一石二鳥だったのは、ムカデにかまれるかもしれないという心配も減りましたが、蚊に刺されることもなくゴキブリやクモが寝ている近くを通過することもないことです。

ムカデ対策用の蚊帳、とってもオススメですよ〜!

②ムカデのエサとなるゴキブリ退治

ムカデは肉食性なので、虫を捕まえて食べます。

クモやゴキブリ、ガなど…です。

なので、家の中にそういった虫がいないようにすることも大切なのです。

ゴキブリを退治するエサやくっつくタイプを家中にしかけています

なんでも拾ったものを口に入れてしまう子供時代は、そういった薬を下の方に置くことはしていませんでした。

子供が大きくなったからこそ、そ安心してできる退治方法だと思います。

③掃除をする

ムカデは、クモやゴキブリなどを食べに来る。

そのクモやゴキブリは、小さな虫や人間の食べこぼしを狙って家の中に入ってくる。

なので、家の中の整理整頓、掃除はやっぱり大切です。

住んでいる人数が多いと、毎日掃除してもびっくりするくらいゴミが落ちていたりしますが、気にし過ぎないように適度に掃除を頑張ろうと思います(*´∇`*)

以上、我が家の取り組みでした。

近年、新型コロナの影響で、家時間を楽しもうとする人たちが増えていますね。

我が家も畑や庭づくり、家の中の片付けなど、ぼちぼち励んでいこうと思います♬

ニワトリがいれば

虫を食べてくれるニワトリ。

庭や畑にいるムカデやクモも、美味しそうに食べてくれるのです。

頼もしい相棒です。

ピー様いろいろとありがとう!

ニワトリについてブログを書いていますので、読んでくださいね〜

ムカデの恐怖体験エピソード

ムカデの恐怖体験は何回もあるのですが、1つだけ紹介しますね。

九州に引っ越してきたてで、旦那様のご両親が我が家に遊びにきてくれた時のこと。

旦那様が会社に行くためにスーツを着て台所に入ってきた時、ズボンを見てお義母さんがキャーと!大声。

何事かと思って慌てて駆けつけると、大きなムカデがスーツのズボンをモゾモゾと這い上がっているではありませんか。

大きくて立派なムカデでした。

急いでたたき落として、事なきを得ましたが(^◇^;)

今思い出しても怖いですね…

本日のまとめ

田舎で暮らしていて、ムカデやゴキブリなどの害虫に、悩まされている人も多いのでは?

余談ですが、ムカデとよく間違われる虫がいます。ゲジ、通称ゲジゲジです。

見た目は、細く長い足がいっぱいあって見た目毒を持っていそうな感じですが、無害なのですよ。

都会にも田舎にも、益虫や害虫、いろんな虫がいますが、同じ地球に住まわせてもらっている立場は同じです。

うまく住み分けて、暮らしていきたいですね(*´꒳`*)

今回は、田舎暮らしの中で困っている「ムカデについて」と「我が家のムカデの対応について」お話しさせていただきました。

少しでも参考になれば嬉しいです♡

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました♪

おまけ1(今日のお弁当)

マーちゃん
マーちゃん

メイン

  • ご飯の上にヒジキの炒め煮と自家製カリカリ梅
マーちゃん
マーちゃん

おかず

  • 鯖の塩焼き
  • 豚肉と厚揚げの煮物
  • ピーマンときのこ炒め
  • ナスの炒め物

今日も美味しく出来ました♪

私がどんな思いでお弁当を作っているのかは下記をご覧あれ~。

お弁当のススメ
お弁当でみんなハッピーに みなさんはお昼ご飯に何を食べましたか? 誰と食べましたか? お弁当を持っていく人も途中で買う人も、 お店で食べる人もいると思いますが、 何を基準にして選びましたか? お弁当制作歴17年! ...
 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました