負担を減らして、楽しく家事を♪〜大家族の洗濯編〜

この記事は約9分で読めます。

負担を減らして、楽しく家事を♪〜大家族の洗濯編〜

※画像はイメージです。

毎日の家事、お疲れ様です〜(*´꒳`*)

生活していくために欠かせない家事ですが、家事といってもたくさんありますね。

お料理、掃除、洗濯…皆さんは家事の中で何が好きですか?

私は、洗濯です。

毎日でるたくさんの洗濯物が、洗濯機できれいに洗われ、その洗濯物を干す作業が特に好きです。

干されて、並んだ洗濯物をみると気分がスッキリします(о´∀`о)


太陽の力でフカフカに乾いた洗濯物の、なんと気持ちの良いこと!

今回は、子だくさんの家庭にも、共働きの人にも、一人暮らしの人にも、今よりもっと洗濯が楽にできたらと、

私の洗濯の仕方の取り組みやオススメをお話ししたいと思います。

少しでも役に立つ内容となりますように。

よろしくお願いします〜♪

家事の種類

毎日楽しく過ごしていますか?

生きていくためには、した方が気持ちよく過ごせることがありますよね。

家事もその1つです。

家事といっても種類はたくさん。

まずは、家事の種類を見ていきましょう♪

①料理

料理をする前には、材料を揃える必要がありますね。

お店に買い物へ行ったり、宅配を使用する人もいるでしょう。

私は妊娠中や子供が赤ちゃんの頃は、食材に気を遣っていたので、グリーンコープ(生協)の赤ちゃんすくすく個配のサービスを利用していました。

生協のこだわりの食材は、チラシを見るだけで楽しかったし、メニューの提案もされているので参考にしていました。

毎食のメニューを考えるのも一苦労ですね。

家族の好きなものはもちろん、バランスを考えて作る必要があります。

料理を作る人は、食べてくれる人の健康を守っているのです。

今は、便利な献立アプリもいろいろあるそうです。

毎日のメニュー作りに困っていたら、使ってみるのもいいかもしれません。


私はクックパッドを利用したり、料理の本をみて作ることもあります。

調理をしたり、食べた後は片付けもありますね。

食器洗いですが、私は洗剤をほとんど使っていません。

普段の洗い物は、お湯で洗っていますし、油物は古布で拭き取ってから少量の洗剤で洗います。

エコのブログを書いていますのでよかったら読んでください。

台所から始めるエコ活動〜自分でできることから始めよう〜
台所から始めるエコ活動〜自分でできることから始めよう〜 環境問題の急速な悪化を肌で感じています。 地球で暮らす1人の人間として、できることから行動してみませんか? 今回は「台所から始めるエコ活動」と題して私の取り組みをご紹介し...

洗った後の食器を入れるザルや食器乾燥機は、管理や掃除が大変なので使うのをやめました。

数年前からは、洗った食器は、大きめのプラスティックのオボンの上において、すぐフキンで水気をふきとっています。

一見手間がかかりそうですが、食器をさっと拭いて片付ける癖がつくし、食器を拭いた後は、オボンの水気を拭き取るだけなので楽ちんです。お勧めですよ〜。

②洗濯

洗濯ものを種類で分けたり、洗濯機にかけて洗った後には、干す作業、取り込んで片付けもあります。

アイロンをかける必要があるものは、アイロンをかけます。

我が家の取り組みは、後ほど詳しくお話ししますね。

③掃除

掃除機やホウキでゴミを取った後は、床を拭くとスッキリします。

畳もからぶきするといいですね。

水回りの掃除や玄関の掃除、家周りの掃除など掃除する場所はたくさんあります…。

④片付けや収納

物の片付けや収納は、永遠のテーマですね。

誰しも片付いた部屋で、くつろぎたいと願っているでしょう。

我が家は、物が散らかりだしたら、それぞれが物の量を見直すことにしています。

使ったものは元の場所へ戻す。

家族での約束事です。

⑤住まいの維持や管理

持ち家の人は、家の修復を自分でしないといけません。

長く住めばすむほど、修理が必要な場所がでてきますね。

メンテナンスも欠かせません。

⑥家計資産管理

毎月お金を、何にどのくらい使っているのか。

把握していますか?

きちんと管理してお金の流れを知ることで、将来への漠然とした不安が和らぐと思いますよ。

⑦育児や介護

子育て中の人、介護をしている人は、自分の時間をその分他人のために使っているので、手がとられますね。

でも、その時間も永遠ではありません。

その時出来ることを、精一杯していきましょう♫

⑧付き合い

仕事上のつきあい、地域の人との付き合い、学校行事の付き合いなどなど。

生きていく上で、人との関わりは欠かせません。

付き合いも大事な家事の一部なのですね。

⑨その他

名もなき家事という言葉を知っていますか?

これは家事と言えるのかな?と判断が人によって違うそうですよ。

例えば、

  • ゴミを捨てる
  • ベットや布団を整える
  • 飲みかけのコップを片付ける
  • 調味料など在庫の補充
  • ゴミの分類

などなど。

どの家事を誰がやるのか。

押し付けあうのではなく、理想は気がついた人、その時できる人が、できることをしていくことなのでしょうけど、誰もしなかったら家庭が回っていきませんね。

家事をしてくれている人への感謝の気持ちを忘れずに、お互いに協力して気持ちよく暮らしていきたいですね。

我が家の洗濯事情

我が家は、旦那様と私、子供が4人の6人家族です。

子供は男の子3人、女の子1人。

中学生2人と小学生2人です。

子供たちはそれぞれ、部活や習い事をしているので、その分、洗濯物の量は増えます。

小さい頃から洗って欲しい洗濯物は、自分で洗濯かごへ入れてもらっています。

洗濯は、8キロ洗える洗濯機で毎日1回はしています。

多いときは1日2回〜3回ほど。

特に、金曜日は子供達が給食袋や体操服も持ち帰ってくるので、土曜日は洗濯物の量が多くなります。

干す場所が限られているので、洗濯物が多い時は、次の日にずらして洗濯したりと工夫しています。

お天気にも左右されますよね。

コインランドリーは、待ち時間が苦手で利用していません。

なので、雨の日は、室内で扇風機をつけて乾かします。

室内干しするときは、除湿機をつけたらいいよと友人に教えてもらいました。

乾き具合が違うそうですね!

最近、ついに気になっていた除湿機を手に入れたので、より快適に梅雨が乗り切れそうです。

洗濯の干し方と洗濯物の収納の工夫

洗濯は、分類して洗っていますか?

ドライのものがある時はドライ物だけで洗いますが、普段の洗濯は、ざっと普通の汚れ、泥汚れで分けています。

下着や水着など、繊細なものは洗濯ネットに入れて、普通の汚れものと一緒に洗います。

洗剤は環境に優しい洗剤を使っています。

私は子育て中は専業主婦でしたが、下の子が幼稚園に入園する年齢の頃に、仕事の誘いを受けました。

パートを始めることになって、忙しくなることは目に見えていたので、家事の見直しをすることに。

我が家は洗濯物の量が多いので、「干してからしまう」までが手間がかかり大変。

洗濯物を「洗って→干して→しまう」までの動線を見直すと同時に、干し方や収納の仕方も変えました。

以前は干したものを全部畳んでタンスに収納していました。

まずは、大人も子供も洋服はハンガーごと吊るす収納へチェンジ!

乾いた洗濯物は干したハンガーのまま、クローゼットやパイプハンガーに吊るすだけ。

タオルや靴下、下着などはステンレスハンガーに干して、乾いたら洗濯バサミからとって、たたんで収納ケースへ。

たたむ数が少なくなったので、とっても楽になりました〜。

タオルや下着の収納場所ですが、1人づつ専用の収納ケースへしまっています。

使いやすいように、お風呂場の脱衣所に置いています。

どこに置くのか考えるのに、動線が大事ですよ〜♫

洗濯のポイント

洗濯機が終わったら、洗濯機から洗濯物を取り出すときに、パンパンと、しわを取りながら、ハンガーに吊るすものはカゴの下へ、ステンレスハンガーへ干すものは上の方へ分類します。

カゴを持っていき、干し場で干していきます。

ハンガーの並べ方ですが、人ごとの服をまとめて干していきます。

服が乾いて、取り込む時は、すでに人ごとになっているので、スムーズにパイプハンガーにかけていけます♬

※ちょっとしたことですが、そのちょっとした心がけで家事のしやすさが全然違いますよ。

天気の悪い日など、取り込む時間に洗濯ものがまだ乾いていないものに関しては、室内にとりこんで扇風機を当てて乾かします。

洗濯へのテンションを上げるアイテム

毎日の洗濯。

使いやすくて、なおかつ、使っていて嬉しいグッズを選んでいます。(๑˃̵ᴗ˂̵)

ハンガー

100円ショップでハンガーをそろえました。

今は形や色の種類が多くて、選ぶ楽しさがありますね。

干す道具
パラソルハンガー(タコアシ)

布おむつを干すときに大活躍しました。

ステンレスハンガー

洗濯バサミがぶら下がっているので、靴下を干したり、下着を干したり、便利です。

以前はプラスティック製のものを使っていましたが、劣化が早くて(^_^;)

ステンレスハンガーは、丈夫だし、見た目もおしゃれで使う度にテンションがあがります!

私はニトリで売られていたものを使っています。

私の洗濯エピソード

子供がお手伝いをしたがる時期って、ありますよね。

料理を一緒にしたり、靴下を石鹸で洗ってみたり、掃除機をかけたがったり…。

子供は大人のしていることをよくみています。

そして、自分もやってみたい!

ほめられたい!との気持ちがあります。

いろんな家事も、こちらから「してみない?」と誘ってみたり、子供から「やりたい!」と言ってくることは、やり方を教えて一緒にしたり、見守りながら子育てしてきました。

私が洗濯物を干していると、自分もやってみたいと言い出して。

専用の洗濯バサミ付きのハンガーを用意して、届くように下の方にセットして干してもらっていたっけ。

洗濯物をたたんでみたり、アイロンをかけてみたり。

普段は家事のメインは私がしていますが、よく手伝ってくれるので助かっています。

家族みんなが家事ができる。

ありがたいし、心強いです。

私が体調が悪くて寝込んでいるときは、旦那様や子供達が役割分担して家事をしてくれます。

小さい時からのお手伝い習慣は、子供の自立につながるし、暮らしに必要な知識ですよね。

本日のまとめ

毎日の洗濯物、家族の人や子供にも手伝ってもらってみてはいかがでしょう?

忙しくて、自分1人で手が回らないことってありますよね。

毎日来ている服ですが、「洗濯を洗って→干して→しまう」その手間がどれだけ大変か。

してもらわないと、わかってもらえません。

脱いだものは、そのままにしないで洗濯カゴに入れる。

ポケットの中のものは、各自でチェックして洗濯カゴにいれる。

なるべく汚さないように、服を着る。

まだ洗う必要のないものは、洗濯に出さない。

などなど。

家族みんなが意識してくれたら、違いますよね( ^ω^ )

いつかは独立していく子供が、困らないように。干し方や干す時の工夫を知ることは、今後の人生に役に立つことでしょう(๑˃̵ᴗ˂̵)

今回は、洗濯を中心にお話ししてきました。

我が家の取り組みが、少しでもあなたの参考になり、日々の洗濯の負担が少なくなることを願っています(^-^)

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

おまけ1(今日のお弁当)

マーちゃん
マーちゃん

メイン

  • ご飯の上には、自家製梅干し
マーちゃん
マーちゃん

おかず

  • 鶏肉とナスの炒め物
  • ハンバーグ
  • カボチャの煮物
  • ナガイモとエノキの炒め物
  • キュウリとキャベツのサラダ

今日も美味しく出来ました♪

私がどんな思いでお弁当を作っているのかは下記をご覧あれ~。

お弁当のススメ
お弁当でみんなハッピーに みなさんはお昼ご飯に何を食べましたか? 誰と食べましたか? お弁当を持っていく人も途中で買う人も、 お店で食べる人もいると思いますが、 何を基準にして選びましたか? お弁当制作歴17年! ...
 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました