田舎暮らしの庭木の管理について

この記事は約10分で読めます。

田舎暮らしの庭木の管理について

木は好きですか?

庭には木を植えていますか?

庭に木があると、家の中から木を眺めてほっと和んだり、庭に出て木陰でリラックスしたり♪

最高のひとときですよね〜(*´꒳`*)

お気に入りの木なら尚更です!

では、木の剪定は自分でしていますか?


それとも、造園業の人に頼んでいますか?

我が家は、引っ越してきた当初は庭木専門の造園の人にお願いして庭の管理をしてもらっていました。

プロの仕上がりは、それはもう「素晴らしい‼︎」の一言です。

いろんな道具を駆使して、手際良く作業されていました。

しかし、庭の管理や木の剪定は頼むと高いので…、「自分たちでなんとか剪定できたら!」と思ったのが剪定デビューのきっかけでした。

我が家の庭には、木がたくさん植えられてます。

槙の木、紅葉、柏の木、泰山木、キンモクセイ、モチノキ、サルスベリ、ユキヤナギ、果物のキウイ、紅八朔にレモン、ブルーベリー、ジューンベリーなどなど…

植物は好きですが、種類が多い分、管理も大変といえば大変です。

でも、好きなので減らしたくありません。

今回は、我が家の庭木の管理についてお話しししていきたいと思います。

田舎暮らしの雑草対策についてはブログを書いてますのであわせてお読み頂けたらと思います(^-^)

田舎暮らしの雑草対策
田舎暮らしの雑草対策 冬は落ち着いていた雑草たちも、梅雨の時期から一気に生えてくる… まさに急成長です! あまりの勢いに焦ります(*´-`) 雑草だって一生懸命生きている。 えぇ、それは分かっています。 ...

では、まいりましょうか!

庭木の役目

庭木として売られている木は、家で育てやすい木が多いです。

植える前に、

  • どのくらい大きくなるのか
  • 花は咲くのか
  • 葉は落葉するのか
  • 実はつくのか
  • どんな管理が必要か

など調べましょう♪

園芸店の人やガーデニング専門の人相談して、オススメを聞くのもいいですよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

庭木の効果を考えたことがありますか?

日本人は、年間を通して四季を感じることが好きな民族ですね。

庭に木を植えることによって、花が咲いたり紅葉することで、身近に季節を感じることができます。


高い木や低い木をバランスよく植えることによって、奥行きや開放感がうまれ、見ていて気持ちがよく、癒しの空間になります。

私は、木や花を見ることで、とっても心が安らぎます。

多肉植物も大好きです(*´∇`*)

常緑樹や落葉樹も組み合わせるといいですよ。

落葉樹は葉が落ちるので、落ち葉の季節はかき集めるのが大変ですが、腐葉土になるので重宝しています。

庭に木があると、木陰を作ってくれるので夏の暑さから守ってくれます。

木を植えているとどうしたって蚊がやってくるので、なるべく風通しの良いように、木の下をすっきりさせて工夫しています。

垣根は外からの視界をカットして、プライバシーを守ってくれます。

我が家もブロック塀のところと垣根のところと場所によって変えています。

防犯効果もありますね。

シンボルツリーや記念樹を植えると、愛着が湧いてオススメですよ。

私はユーカリのポポラスが好きで、玄関前に植えています。

朝、旦那様や子供達の見送りをする時にポポラスが視界に入って、なんとも幸せ気分です。

木は、段差のあるところに植えると、木の根が地表を覆って土が流れてしまうのを防ぎ、土砂崩れ防止の役目もしてくれます。

植える前に、木をどんな目的で植えるか考えてみましょう。

  • 観賞用
  • 外からの視界を遮る垣根用
  • 土砂崩れ防止用
  • シンボルツリー
  • 記念樹
  • 木陰用

などなど

私はミモザの黄色い花が好きで、庭の真ん中に植えたことがありますが、どんどん大きくなり、コンパクトにしようと切りすぎて枯らしてしましました。

いやはや、ミモザは成長が早くて、大きくなるので植える方は覚悟して植えましょう。

花はすごく綺麗ですよ♫

我が家の木の紹介

庭木

庭に植えている木の種類です。

  • 槙の木
  • キンモクセイ
  • 紅葉
  • 柏の木
  • 泰山木
  • モチノキ
  • サルスベリ
  • ユキヤナギ
  • シュロの木
  • ツツジ
  • その他…名前がわからないもの多数

果樹

果樹は花も可愛いですが、なんといっても実を収穫できる楽しみがあります(*´꒳`*)

  • キウイ
  • 紅八朔にレモン
  • ブルーベリー
  • ジューンベリー
  • キンカン
  • 枇杷の木
  • 梅の木など

垣根

プライバシーを守ってくれるのに大活躍してます。

垣根は手入れは必要ですが、おしゃれでかわいいです。

  • 椿
  • サザンカ
  • その他

剪定の時の服装

剪定の時は、太陽の日差しや虫、葉っぱからしっかりと身を守りましょう!

  • 帽子
  • 目を守る保護めがね
  • 首にタオル
  • 長袖
  • 長ズボン
  • 長靴
  • 軍手

ホームセンターでは、作業用の速乾性のシャツやズボン、軽量化されたもの、涼しいアイテムがいろいろ販売されています。

お気に入りの作業着だとテンションも上がりますね!

そして今は、おしゃれなグッズが多いですね!

おしゃれといえば、私が農業大学に通っていた時に、お世話になっていた先のとある農家さんがとてもおしゃれで、かっこいい方でした(*´꒳`*)

夏休みになると、長野県の高原野菜の収穫バイトに泊まり込みで1ヶ月ほどいっていました。

農家さんの作業服といえば、ジャージや作業着、ツナギという感じ。

今はカッコイイデザインの作業服も見かけるようになりましたが、20年ほど前は、あまり格好にこだわっていないような感じの農家さんが多かったように思います。

今ほどそういった商品が、少なかったせいかもしれませんが。

でも、そこの農家さんはジーパンにおしゃれな上着。

そのまま買い物に行けそうな格好です。

そして器用にささっと作業をこなしていきます。

農業分野だけでなく、いろんな知識も豊富でした。

こんなタイプの農家さんもいるんだな〜と野菜の栽培や収穫作業のほかにも勉強になりましたね。

剪定に使う道具

木々の剪定には、道具選びが重要です。

使いやすい道具は作業効率を上げてくれます!

我が家は剪定する機会が多いし、木の量も多いので道具を買ってそろえています。

でも、道具を使う頻度が少なかったり、オススメの道具を使ってみたいという方は、レンタル工具を利用してみるのもいいかもしれません。

某ホームセンターでは、レンタルでいろんな工具が借りれて便利です。

我が家の頼もしい道具たち

バリカン

ポールマッキーという商品名だったような。

スイッチを入れるとバリカンが動き出し、刈り取りしたいところにあてると葉っぱや細い枝をきってくれます

太い枝は切れません。

葉っぱを短くして、木の形を整えるのに使っています。

持ち手の長さを調節できるので、木の高さに合わせて作業しやすいです。

バリカンの角度もつけられるので形を整えやすいです。

生垣の伸びた枝はもちろん、槙の木やキンモクセイの形を整えるのに大活躍しています!

ノコギリ

バリカンで切れない太い枝は、ノコギリの出番です。

定期的に刃のお手入れをして、切れやすいようにしましょう。

チェンソー

使うのに緊張しますが、力強く頼もしい道具です。太い木を切り倒したり、枝の長さを短くするときに使っています。

剪定ハサミ

細かい枝を切る作業は、剪定ハサミを使いましょう。

玄関前の木を整えたり、果樹の剪定に大活躍です。

クマデ

クマデは、落ち葉や切った枝を集めるのに便利です。

竹ホウキもいいですね。

集めたら手で一輪車に乗せます。

一輪車

落ち葉や枝、木を運ぶのに使います。

空気を入れるタイヤを使っていましたが、空気が抜けたりパンクしたので、ノーパンクタイヤにかえて使っています。

ホームセンターで一輪車のタイヤだけ売っているので、パンクしたのを機にノーパンクタイヤに付け替えました。

一輪車を押した感じは、タイヤが硬いのでクッション性がなく硬い感じがしますが、慣れると気にならなくなりました。

我が家は切った枝や葉は少し歩いたところにある畑に置いています

葉は腐葉土へ。

枝は枝でまとめておいています。

ハシゴ

短いタイプと長いタイプを使い分けています。

長い梯子は、インターネットで購入しました。

この梯子がないと高い木に届きません。

長い梯子はほんと長いので、上の方に登るときはヘルメットを着用しましょうね。

私は怖くて上まで登れません…

木々の剪定について

どの枝を、どの時期に、どのくらい切ったらいいのか。

それは植えている木の種類によって違うので、調べてみるしかありません。

我が家の旦那様も東京から引っ越してきて、庭の木の剪定のことは何もわからなかったですが、今では庭師として働けるくらいの腕前になっています(о´∀`о)すっかり頼もしくなって…。

ここまで一人前?になるまでには、剪定の時期を逃して葉が繁茂して大変なことになったり、枝を切る時期が悪かったり、切りすぎたりして果樹の実がならなくなったり、切った場所が悪かったのか木が枯れてしまったり…と数々の失敗もありましたが、それも経験となって、役に立っているようです(о´∀`о)

今の時期には、この作業!との自分のルーティンが決まってきているようです。

子供が小さいときは庭の木までなかなか手がまわりませんでしたが、やっと庭にも手を加えれるようになりました( ^ω^ )

おかげで、庭や家周りが綺麗にすっきり整ってきています♫

コロナの自粛生活も拍車をかけて、畑や庭仕事に時間がとれるようになったのもありますが。

切った枝は

剪定すると、毎回結構な量の枝や葉っぱがでます。

葉は、集めて腐葉土にするため、まとめて畑の一角においています。

葉っぱが分解されてきたら畑へいれます。

枝は、剪定した時期ごとにわけて、畑の一角に積んでおいています。

太いものは乾くまで時間がかかるので、数年おいたままにします。

生乾きだと燃やした時に煙が上がるし、環境に良くないのでしっかり乾かしましょう!

我が家は庭でバーベキューをしたり、手作りピザを焼くときに剪定した乾いた枝を使っています。

我が家の剪定エピソード

引っ越してきた当初、田舎の敷地の広さに慣れるまでしばらく落ち着かなかったです。

家も広いので外出するときは、鍵をしめたか気になって何回もチェックしにいってたっけ。

木の剪定は、引っ越してきた当初、造園屋さんに年に2回ほど庭の管理にきてもらっていました。

その後、子供が生まれるにつれ、お金が必要になってきたので、自分たちでできることはしてみようと思ったのがきっかけで庭木の剪定を始めました。

造園屋さん最後の剪定のときに、背の高い槙の木の成長点を切ってもらったり、管理の大変な木は切ってもらいました。

自分たちで管理できる木の高さにしてもらったのでよかったです。

剪定作業をしていくうちに、道具の大切さを痛感し、道具を揃えたり、どうやって剪定したらいいのか調べたり、学びの日々でした。

大変なこともありますが、自分たちの家を好きなように作っていける。

その魅力に取り憑かれて、続けてこれたのかもしれません。

なるべく、お金をかけないで庭を作っていく。

その工夫を考えるのが楽しいですね。

本日のまとめ

剪定も、できるか不安があると思います。

まずは、植えてる木を調べて、剪定方法を勉強して、やってみることです!

我が家の剪定ポイントは、5月6月で家周りの木々の剪定を終わらせることです。

夏になると暑くて作業が大変。

虫もたくさん出てきます。

夏は夏で、草刈りに手を取られるので、剪定は夏前に終わらせます。

そして、涼しくなってくる秋から冬にかけて、また木のお手入れをします。

果樹は、実を収穫できるの楽しみがあっていいですよ〜(๑˃̵ᴗ˂̵)

いかがでしたか?

今回は、庭木の管理のポイントや剪定時の服装、剪定に必要な道具などをお話ししてきました。

庭木も生きています。

家族の一員として適切に管理して、大切に育てていきましょう(^-^)

ではでは、今後も田舎暮らしを楽しんでいきましょう!

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました♪

おまけ1(今日のお弁当)

マーちゃん
マーちゃん

メイン

  • ご飯の上には自家製カリカリ梅と昆布の佃煮
マーちゃん
マーちゃん

おかず

  • 揚げ餃子&キャベツの千切り
  • 豚肉のバジル炒め
  • ミニトマト
  • キュウリとモヤシの甘酢漬け
  • インゲンの炒め物

今日も美味しく出来ました♪

私がどんな思いでお弁当を作っているのかは下記をご覧あれ~。

お弁当のススメ
お弁当でみんなハッピーに みなさんはお昼ご飯に何を食べましたか? 誰と食べましたか? お弁当を持っていく人も途中で買う人も、 お店で食べる人もいると思いますが、 何を基準にして選びましたか? お弁当制作歴17年! ...
 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました