どうやって飼ったらいいの?〜ニワトリとアヒルの小屋について〜

この記事は約9分で読めます。

どうやって飼ったらいいの?〜ニワトリとアヒルの小屋について〜

動物はかわいい(*´꒳`*)

ペットは家族の一員であり、癒しの存在ですね♪

犬や猫、鳥、ネズミ、魚、爬虫類…

人間はいろんな動物と共に暮らしています(о´∀`о)

現実問題として、かわいいペットも生きているのでエサも食べるしフンもする

可愛がる」ということは、ただ撫でてたり抱っこするだけでなく、「ペットの身の回りのお世話もできて初めていえるのだと思います。


どの動物にも言えることですが、『最期まで大事にし、めんどうをみる。』ことが一番大事。

動物を飼う人は、その覚悟で大切に育ててほしいと思います。

ペットをどこでどうやって飼うのか、ペットの暮らす場所や環境も大切ですね。

今回は、我が家のニワトリ小屋アヒル小屋についてお話しいたいと思います。

我が家のニワトリさんとアヒルさんの紹介

我が家にはニワトリ七羽とアヒルが2羽います。

にわとりについて

ニワトリはグラマーという品種とさくらという品種を飼っています

グラマーは、体の大きな茶色いニワトリ。

恐竜を思わせる立派な足と鋭い目をしています。

サクラは、白い小柄なニワトリで、かわいい顔をしています。

どちらもだいたい、毎日のように卵を産んでくれます。

引っ越してきてから仲良くなった友人に「ニワトリのいる生活が夢なんだ〜」と話していたら、ご縁があって、ニワトリを飼っている友人からもらいうけることになったのがニワトリを飼うことになった始まりでした。

とっても嬉しかったのを覚えています。

そのあとは、孵卵器を購入して道の駅や養鶏場で売られている有精卵をあたためて孵すようになりました。

何でわざわざ孵卵器で?と思うかもしれませんね。

ニワトリにあたためて育ててもらってもいいのですが、人の手で育てたニワトリの方が人によく懐くのでそうしています。

アヒルについて

アヒルは、白いアヒルのクーちゃんアオクビアヒルのマーちゃんを飼っています。

マーちゃん
マーちゃん

わたしがマーちゃんです

クーちゃん
クーちゃん

ぼくがクーちゃんです

アヒルを飼いたいと思っていろいろ調べて、結局、有精卵をインターネットで購入しました。

アヒルの卵を売ってるなんて、インターネットはすごいですね〜。

5個あたためて元気に大きく育ったのが2羽でした。


卵にヒビは入ったけれど、割り切れないででてこれなかった雛。

予定日を過ぎて生まれてきたけど、弱って死んでしまった雛。

生まれて大きくなるのは当たり前ではないのです。

命の重みを感じます…。

ニワトリ小屋のこだわり

我が家のニワトリ小屋アヒル小屋は繋がっています。

旦那様手作りの小屋です。

もともとはニワトリ小屋だったのですが、アヒルが住めるように改良して今の形におちつきました。

ニワトリ小屋については以前ブログに書いたので読んでください。

ニワトリ小屋について
手作りのニワトリ小屋 今回はニワトリ小屋についてお話ししたいと思います♪ 我が家のニワトリ小屋は、手作りです。 今ある小屋は改良に改良を重ねた五代目です。 我が家の鶏小屋のポイント マーちゃん ...
ニワトリ小屋の餌やりと水やり
ニワトリ小屋の餌やりと水やり 皆様お元気ですか♪ 今回もニワトリ小屋についてもうひとつ⭐︎ 前回ちらっと触れましたが、今のニワトリ小屋は、餌と水のお世話を小屋の中に入らずにできるように工夫しました。 こ...

抜粋してお話しすると、我が家のニワトリ小屋は、都会育ちの旦那様が独学で一生懸命建ててくれたもの。

今ある小屋は成功と失敗を繰り返し、改良に改良を重ねた五代目です!

ポイント

①平飼い

ニワトリがのびのび育つように、平飼いにしました。

小屋の中を自由に歩けて嬉しそうです♪

②産卵スペースの確保

ニワトリが落ち着いて卵が産めるように、一角に産卵スペースを作りました。

毎日卵をありがとう!

③止まり木の設置

日中も止まり木にとまっていますが、ニワトリは寝る時に、止まり木にとまりながら並んで寝るんですよ。

その姿がとってもかわいいんです(о´∀`о)

地面で寝るニワトリもいますが、止まり木があると喜ぶと思います。

④エサと水やりが小屋の外からできる工夫

これは、ナイスアイデア!でおすすめしたいと思います。

壁に顔を出せるくらいの穴を開けたことにより、小屋から顔を出して餌を食べたり水を飲みます

そのため、小屋の中が汚れにくいです。

外に置いてるのでエサ箱と水飲み場の管理が楽になったし、掃除もしやすくなりました。

子供も進んでお手伝いしてくれます。

※外敵が来ないように枠で囲っておくのが大事です。

⑤掃除をしやすく

人が立ったまま掃除が出来る様に屋根を高くつくりました。

掃除は毎日のこと。

億劫にならないように掃除がしやすくなる工夫です。

初代の小屋が小さめで、腰をかがめて入らないといけなくて掃除が大変だったので、以後改善して高く作るようになりました。

⑥ 小屋の中が明るくなるように

雨が降っても濡れないよう屋根をつけ、小屋内が明るいように透明の波板をつけました。

⑦基礎をしっかり

家もそうですが、小屋も土台の基礎が大事ですね!

角は沓石(くついし)を使ったことにより、柱が土台にしっかりと固定でき、作業も簡単にできました。

⑧雨よけと風通しに配慮

小屋の壁は、木と網を組み合わせて雨よけと風通しが良くなるようにしました。

ニワトリは寒さよりも暑さが苦手。

網で風通しよく、また小屋の外に日陰になるように木が植えてあるので涼しくなり、快適に過ごしています。

また、雨が入りずらいように、真ん中から上の方は板で壁を作っています。

⑨屋根は斜めにして傾斜をつけたこと

屋根を斜めにつけたことより、雨や雪が流れやすいようにしました。

⑩雨どいをつけたこと

雨が降った時に屋根からポタポタと落ちてくるので、雨どいをつけて水が流れるようにしました。

小屋作りも奥が深くて、旦那様は「これをこうしたらいいかな?」と毎回試行錯誤しながら作っています。

側から見てると楽しそうに作っているように見えるのですが、完成するまで仕事の休みの日は小屋作りにかかりっきりだったので大変だったでしょうね(*´-`)

無事に出来て感謝です!

アヒルの小屋として改良

もとは小屋はひとつだったのですが、ニワトリが広く歩けるようにと手前に建て増しした部分があります

建て増し部分も土台はしっかりと作って、柱を立て、網を周りに張り、お天気の良い日だけ外に出れるように広々スペースとして開放していました。

でも、うずらを飼うことになった時に屋根をつけたり隙間をなくしたりと手直しをして、しっかりとした小屋に作り直しました。

屋根がないと雨で地面がビチャビチャになってしまったので…

屋根のありがたさを痛感しましたね。

うずらですが、有精卵をインターネットで購入して孵卵器であたためて育てたのですが、可愛がってもなつかず、大きくなるにつれ警戒心が強くなっていき…

うずらって野生の血が濃いんだなと感じました。

それと、ヒナの体が小さくって、大人まで育てるのが大変でしたね。

うずら自体は可愛くて、卵も美味しかったのですが、今後飼うことはないでしょう(*´-`)

その後、アヒルを飼うことになってうずらがいたスペースを、さらにアヒル用に改良し直しました。

ポイント

①地面をコンクリートにして水はけを良く

アヒルの掃除には水をたくさん使うので、地面が土のままだと水の力で土がほげてしまいます。

そこで、コンクリートの板を敷き詰め、コンクリートとコンクリートの間の隙間は「マサ王」という固まる土を使って固めました。

全部をコンクリートで固めてしまおうかとも考えたのですが、崩すことになった時が大変なので、マサ王にしました。

マサ王は売られているときは普通の土のようにサラサラしています

厚みを持って敷く必要はあるのですが、まいた後に水をかけて一日ほど乾燥させたら固まるので、作業が簡単で、オススメです♪

地面を固めたことにより、アヒルの小屋の掃除がしやすくなりました。

②足を守るため人工芝を敷いた

アヒルは水掻きがありますね。

のままだとアヒルにとって足を傷つけたり痛めてしまう原因になるので、人工芝を敷いてクッションにしています。

人工芝は広さを調節しやすいように正方形の大きさのものを何枚も繋いでいます。

③水が流れるように排水溝を作った

奥には樋を利用して、排水溝も作りました。

水が小屋の外に流れていくようにしています。

小屋の外にでた水は側溝に繋がっているので排水の心配はないのですが、溝にエサやフンがたまるので、定期的にスコップで取り除いています。

掃除の仕方については今後またブログに書きます。

※そこまで手間をかけても飼いたい魅力がアヒルにはあります(о´∀`о)

人懐っこいしかわいいし、いてくれるだけで幸せな存在です♫

我が家の小屋作りエピソード

ニワトリを飼うと決まった時の私の喜び(*´꒳`*)

憧れのニワトリのいる暮らし♪

その始まりに胸がワクワクしました。

ニワトリ小屋は家のリフォームの時にでた廃材を使ったり足りないところはホームセンターで木材を購入しました。

木材は意外と多く必要で、値段も高いんですよね。

無駄がないように長さを考えて小屋を作りました。

今年からアヒルを飼うことになり、そのかわいさに毎日癒されています♪

手作りで頑張って建てたニワトリ&アヒル小屋。

愛着がわいて大事に使っています。

旦那様のこだわりを発見

こだわり①

おしゃれにドアノブをつけてました。

ただの飾りだそうです。

こだわり②

中からも外からも鍵がかけれるようになっています。

小屋を掃除するときは中から鍵をかけてニワトリさんたちが外にでない工夫だそうです。

手作り小屋にチャレンジして、自分だけのオリジナルを見つけてくださいね♪

本日のまとめ

今回は、ニワトリとアヒルの小屋の作り方のポイントをメインにお話ししました。

もうすでにニワトリ小屋のある人も、これから作ろうかなと思っている人にも…、

このブログが参考になったら嬉しいです(๑˃̵ᴗ˂̵)

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

おまけ1(今日のお弁当)

マーちゃん
マーちゃん

メイン

  • 雑穀米の上には、自家製昆布の佃煮
マーちゃん
マーちゃん

おかず

  • 豚肉のニンニク甘醤油焼き
  • ミニトマト
  • 夏野菜と豚そぼろ炒め、小ネギのせ
  • ニンジンとピーマンのきんぴら

今日も美味しく出来ました♪

私がどんな思いでお弁当を作っているのかは下記をご覧あれ~。

お弁当のススメ
お弁当でみんなハッピーに みなさんはお昼ご飯に何を食べましたか? 誰と食べましたか? お弁当を持っていく人も途中で買う人も、 お店で食べる人もいると思いますが、 何を基準にして選びましたか? お弁当制作歴17年! ...

おまけ2(今日のアヒルさん)

今日のアヒルさんです♪

 

 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました