子供のスマホどうしてる?話して決めよう家庭のルール

この記事は約14分で読めます。

子供のスマホどうしてる?話して決めよう家庭のルール

※写真はイメージです

スマホ。

子供さんはスマホを持っていますか?

スマホにより犯罪に巻き込まれたり、スマホが与える影響について、時々ニュースでも取り上げられていますね。

そう、親として、子供に与えるスマホの影響が気になりますよね。

先日、「子供とスマホの付き合い方」の講座を受講してきました。

大人もスマホが手放せない時代。


子供もスマホに夢中になるのは、目に見えています。

子供にスマホを持たせる前に知っておいて欲しいスマホによる影響のこと、スマホを持つ前に親子で話し合って欲しいことなど、講座を受けて勉強になりました。

もうすぐ、夏休み。

スマホやゲームをするよりももっと大切なこと、子供に教えてあげたいですね。

このブログを読んでいるあなたの子供さんはスマホをしていますか

ゲームはさせていますか?

約束は決めていますか?

我が家には4人の子供がいます。

中学生と小学生です。

我が家のエピソードもお話ししながら、今回のテーマであるスマホ問題について、話しを進めていきたいと思います。

最後までよろしくお願いします♪

では、早速スタートです(*´꒳`*)

我が家の自己紹介

マーちゃん
マーちゃん

こんにちは!マーちゃんです。

九州のとある田舎で、家族6人仲良く暮らしています。

家族は、旦那様と私、子供が4人です。

子供は中学生2人と小学生2人です。

庭では、ニワトリ6羽とアヒル2羽を飼っています。

旦那様と私は関東出身ですが、田舎暮らしがしたくて、ご縁があって九州の田舎に引っ越してきました。早いもので、かれこれ17年が経ちます。

ニワトリを飼って、卵をもらい、フンを肥料に活用して野菜を育てる循環型の生活がしたい!と思って、田舎暮らしを始めました。

無農薬で栽培し、健康に育った野菜を食べる幸せ。


田舎で暮らすことは楽しいことばかりではないですが、私たちにあっているように感じています。

どこにいても、住めば都ですね♪

仕事ですが、去年から、自宅で個人事業主として働き始めました!

請負で出荷用の梱包作業をしたり、ハンドメイド品の販売、ブログを書いたり…。

この1年走り続けてきましたが、なんとかやってこれています。

会計ソフトで事務管理をしたり、納品書や請求書を作成したり、在庫管理をしたり…。

個人事業主は、自分でいろんなことをしなくてはいけないので、日々勉強です。

個人事業主になるまでは、パートにでていたのですが、膝の病気が見つかったのと長年続いていた「耳鳴りと難聴」が「メニエール病」と診断され、数々の体調不良が重なったため退職しました。

いろんなテーマでブログを書いていますので、リンクからトップページにはいって読んでみてくださいね( ´∀`)

以上、簡単な自己紹介でした🎶

大切な子供時代

子供時代、何して遊んでいましたか?

私の子供時代のお話をさせてもらうと、外で缶蹴りやドロケイ、一輪車、ローラースケート、虫取り…今の子供達とあまり変わらない遊びをしていました。

中学校は部活に明け暮れる日々を送っていましたが、小学校時代は、学校から変えてくると、大体いつも近所の子供達や仲の良い友人と遊んでいました。

私が子供の頃は、近所に子供がたくさんいたので、年齢問わず、家の外に出ると誰かしら遊んでいました。なので、一緒に遊びに混ぜてもらって、いろんなことを教えてもらいました。

今の子は、良いか悪いかということではなく、そういった機会自体が減っているように思います。

特に今住んでいる地域は、子供自体が少ないので、放課後にたくさんの人数で遊ぶことが少ないですね。

我が家もですが、習い事をしているため、お友達と遊ぶ予定が合わないこともあったりして、子供同士遊ぶ機会が、減っているなと感じています。

思いっきり遊べる子供時代は特別です。

一生懸命遊んで、夕方5時の鐘が鳴って名残りおしそうにお友達とさよならする。

その記憶は、大人になった今でも覚えていますもの。

スマホとゲームを考えよう

スマホとゲーム、親子で約束はきめていますか?

我が家は、ゲームに関しては平日はしていません。

ゲームをしなくても本を読んだり、絵を描いたり、製作したり、アヒルと遊んだり、お友達と遊んだり、習い事に行ったり…ゲーム以外の違うことをして楽しく過ごしています。

ゲームは基本的に、土日に時間を決めてしています。

お友達と遊ぶ時も、外にはゲームは基本、持ち出し禁止です。以前小学校で、ゲームのソフトを取った取られたと、もめていて大変なトラブルになっている家庭がありました(~_~😉

いつの時代も、子供には外で元気に遊んでほしいです。

心から外で楽しく遊べる時って今しかないと思うのです。

ちなみに、我が家では、スマホは中学生2人は持っていますが、小学生には持たせていません。

スマホの時間で失われるもの

貴重な子供時間。

スマホに夢中になるあまり、失われてしまうものが6つあると言われています。

  1. 睡眠時間
  2. 学力
  3. 脳機能
  4. 体力
  5. 視力
  6. コミュニケーション能力

どれも大切なことばかりですね。

詳しくみていきましょう!

1.睡眠時間

ついつい夢中になってしまい、時間を忘れてしまうスマホ。

LINEのやり取りが終わらないこともありますよね。

夜遅くまで使っていると、寝る時間が遅くなって睡眠不足になります。

また、スマホからでるブルーライトが脳を覚醒させてしまって、目が覚めてしまうので、寝る2時間前はスマホは扱わないようにしましょう。

テレビやゲームの画面からも同じくブルーライトがでているので、大人も子供も寝る前2時間は見るのを控えましょうね。

自分のこと、自分で守ってあげてください。

2.学力

スマホを使うほど、学力が下がるというデータがあります。

スマホを使っている時間が勉強時間に支障をきたすということもありますが、スマホを使うことで脳にも影響が…。

3.脳機能

スマホばかり使っていると、脳にもダメージが…(・_・;

長時間の使用により、記憶や判断を司る脳の部分に発達の遅れが出ると言われています。

怖いですね((((;゚Д゚)))))))

4.体力

スマホばかり使っていて体を動かさないと、骨も筋肉も育っていきません。

スマホを使うときの姿勢は、大丈夫ですか?

姿勢良くしていますか?

猫背になって、スマホと目の距離が近かったりしていませんか?

外で元気よく体を動かすことは、体も心も成長させます♡

5.視力

スマホは、近くをずっと見ることになるので、視力が落ちてしまいます。

子供時代は、目も成長段階。

外で元気に遊ぶことによって、目の働きを育てます。

6.コミュニケーション能力

スマホに夢中になるあまり、一緒にいる家族や友人との会話がなくなり、人と直接話す時間が減っていませんか?

会話することは、コミュニケーションをとるのに大切なことです。

スマホを置いて、ふれあい遊びをしましょう

色々な人たちが子供たちの現状を心配していて、こんな呼びかけをしています。

「スマホを置いて、ふれあい遊びをしましょう」

大人も子供も一緒にいるのに、それぞれスマホの画面に夢中で無言なんてもったいない!

私は、子育て支援センターで働いていたことがあります。

スタッフとして働きながら、子育て支援員の資格をとりました。

子供の健康な心と体を育てるのに、親の愛情、周りの人からの愛情、美味しい食事、健康、運動、睡眠など、多くの要素が関係しています。

人を育てるというのは大仕事ですね。

大切な子供時代。

オススメの活動を5つ聞いたので、紹介します♪

  1. 赤ちゃん時代たくさん触れ合って関わる(愛着形成)
  2. 外遊び
  3. 集団遊び
  4. お手伝い
  5. 生活リズムを整える

1.赤ちゃん時代たくさん触れ合って関わる(愛着形成)

赤ちゃんはお腹が空いたり眠くなって泣いていた頃から、成長していくにつれて、遊んでほしい、抱っこして欲しい、近くにいて欲しいなどで泣くようになります。

抱っこするときやオムツを変える時の声かけ、触れ合い、その1つ1つが赤ちゃんの愛着形成に大切なのです。

この頃の赤ちゃんにとってのおもちゃは、親の顔や表情、声かけの声、触る手などです。

私は布おむつで育てました。

布おむつだと濡れたらすぐ変えてあげますよね。

その分子供に声をかけたり、触れ合う回数が増えると思ったのです。

布おむつって大変じゃない?と聞かれたことは数知れず。

でも、私は布おむつを楽しんでいました。

サラシを切って輪っかに縫う時も生まれてくる赤ちゃんを思う大切な時間でした。

それに、布おむつを干している風景が好きだったのです( ´∀`)

2.外遊び

外で元気に遊ぶ子供を見ると、微笑ましいですよね。

もうすぐ夏休み。セミやトンボを網で捕まえたり、川で魚や貝を取ったり、泥団子をこねこねしたり…いろんな遊びが思いつきます。

体を使って遊ぶことで、五感を育てるし、体力もつきます。

毎日飽きることなく、楽しく遊べる子供時代は宝物ですよね。

今の時代、大人たちが子供の遊ぶ時間と場所を用意してあげることが必要なのかもしれません。

3.集団遊び

1人で遊ぶのも大切な時間ですが、お友達と遊ぶ時間もほんと大切です。

遊びを通してコミュニケーション力をつけたり、相手を思いやる力、協力する力、ルールを守って遊ぶこと…たくさんのことが身に付きますね。

この近辺は、子供の人数自体が減っているので、集団で遊べるのは幼稚園や学校になるのでしょうか。

4.お手伝い

お手伝いどうしていますか?

お手伝いは、子供の自立のために必要なことです。

子供がやりたい!といったら、出来るように工夫してあげましょう。

まずは、一緒にしてみましょう。

我が子が包丁に興味を持ったのは、3歳くらいだったでしょうか。

包丁を使いたいと言ったので、包丁の危険性をきちんと話し、持ち方を教えて、まずは一緒に包丁を持って切りました。

誕生日には、子供用の小さい包丁をマイ包丁としてプレゼントしました。

慣れるまで、何日も何回も練習したっけ。

おかげで今は4人とも、包丁の使い方はバッチリ!お料理も上手です。

自分でした方が早いからなんていって、子供のチャンスを奪わないようにしたいですね。

その時忙しくて無理でも、今日は無理だから明日にしようとか、伝えましょう。

夏休み中のお手伝いについてはブログを書いていますので、読んでくださいね。♪

夏休み♪子供も一緒に家事を分担しよう
夏休み♪子供も一緒に家事を分担しよう 来週から小中学校が夏休みに入ります。 今年の夏休みも新型コロナの影響で、いつものような夏休みとは違った夏休みとなりそうですね。 でも、子供たちにとって大事な楽しい夏休み。 今...

5.生活リズムを整える

早寝、早起き、朝ごはん。学校でも口を酸っぱくして何回も何回も指導があります。

「先生がまた言ってる〜」と思わないで(*´꒳`*)何回も言っているということは、子供たちにとって、ほんとに大事なことだからです。

生活リズムを整えることは、自分の心と体の健康を守ることになるのです。

子供だけでなく、生活リズムを整えるのは大人だって大事なこと。

家族揃って取り組んでみましょう。

毎日体を動かして、たくさん食べてよく寝る!とっても大事なことです。

毎回の食事。

家族揃って食べれていますか?

今の時代、家族揃って食べるのが難しい家庭もあると思います。

でも、出来るだけ揃って食べたいですよね。

食事の時は、テレビを消して、食べることに集中する環境をお願いします。

我が家もテレビを消して、食事の時はそれぞれが学校でこんなことがあったよとか話をしてくれます。

食事の時間は、コミュニケーションの場でもあるのです。

睡眠は、しっかりとれていますか?

日本の子供は、世界から見ても睡眠不足といわれています。

問題なのは、子供自身が睡眠不足と気がついていないこと。

今日の朝、起きた時の目覚めはいかがでしたか?

「すっきり元気に起きれたよ」という人はいいのですが、「どうもぼんやり寝足りない。すっきりしない」というときは、快適な睡眠が取れるように生活リズムや寝る場所の環境を工夫することが必要ですね。

自分のbestコンディションを知っておくと、無理して体に不調が来たときに気がついて、今日は休んでおこうと自分で気をつけることができますよ。

子供とルールを決めましょう

我が家では、中学生の2人にはスマホを持たせています。

友人とのLINEのやり取りやYouTubeがみたい、調べ物がある時に検索をするために必要ということが主な理由です

子供にスマホを持たせる前にどうしてスマホがほしいのか、スマホでどんなことがしたいのか聞いてみましょう。

それにあたって、どんなトラブルが考えられるのか、困ったことが起きた時はどうするのか考えを聞いて話し合うといいいです。

親が心配に思っていることや、使うにあたってのルールも伝えましょうね。

親の愛や心配は、言わないと子供に伝わらないものです。

スマホを持たせるにあたって、仲の良い先輩ママさんからは、「子供に一度スマホを持たせてしまったら後戻りできないよ、ちゃんとルールを決めといた方がいいよ」とアドバイスももらいました。

旦那様ともよく話し合って、約束を決めて使うようにしていこうと決めました。

その時決めた約束

  1. 時間や使えるアプリを制限すること、フィルタリングをして使う
  2. スマホは外に持ち出さず、家の中だけで使うこと
  3. 時間を決めて使うこと
  4. 課金はしないこと
  5. 友人とのことで困ったことがあったらすぐに知らせること

詳しく見ていきましょう。

1.時間や使えるアプリを制限すること、フィルタリングをして使う

1日の使用時間は2時間以内。

時間になったら使えなくなるように設定しています。

インターネットには、危険なサイトもあります。

フィルタリングして、アクセスできないようにしてあげましょう。

SNSやゲームを経由しての詐欺や誘い出しの被害が発生しています。

スマホは、危険なことが隣り合わせなことも子供に伝えて、使用時間やルールを守るように約束しましょう。

2.スマホは外に持ち出さず、家の中だけで使うこと

子供のスマホは、家の中だけで使うように約束しています。

3.時間を決めて使うこと

夜遅くまでスマホを使わないように、時間を決めています。

4.課金はしないこと

スマホを使っていて、操作がわからないときは触らないこと、フィルタリングをかけています。

5.友人とのことで困ったことがあったらすぐに知らせること

子供には、スマホでトラブルにならないように、気をつけるように話しています。

メールは言葉のニュアンスが難しいですよね。

とくに丁寧な言葉遣いをすることを伝えています。

友達とのLINEは、時間になったらLINEから外れることをあらかじめ伝えているようです。

スマホに限らずゲームもですが、始める前に、他の楽しいことを知っておけば、スマホやゲームへ依存することになりにくいのではないかなと思います。

本を読む楽しさ、料理をする楽しさ、ピアノを弾く楽しさ、工作をする楽しさ、友達と元気に遊ぶ楽しさ、それを知った上で、ゲームをする楽しさやスマホ時間を楽しむことは、問題ないと思うのです。

ゲームだけスマホを与えておけば、子供が静かに大人しくなるからと、大人が与えてしまうことが問題だと感じます。

私のスマホエピソード

仕事柄スマホが手放せなくなってしまっている私ですが、ほんの数年前まではガラケーを愛用していました。

スマホは便利そうだけど、(実際旦那様が使いこなしているのを毎日近くで見ていたので)なんとなく怖いものと感じていました。

LINEで既読がついてもすぐ返事が来ないとか、返事をしなくちゃとか気を使うと聞いていたので慎重になっていました。

でも、学校関係や習い事、部活の連絡もLINEで回ってくる時代

今や生活の必需品となっています。

格安スマホの存在も、スマホが広がっていってる背景にあるのでしょう。

私の高校生時代にポケベルが流行り、PHS、携帯からスマホへ一気に進んで行きましたね。

ほんと便利になりました。

実際、スマホは使っていて楽しいですし、大人でも依存している人がいるくらい便利です。

子供はほんと、気をつけてあげないと。

スマホ首って知っていますか?

スマホのしすぎで、首の骨が真っ直ぐになってしまう病気です。

頭痛がしたり、肩が凝ったり。

現代病ですね。

スマホを使って30分たったら目を休める、首を回したり首の体操をする。

意識して、使っていくことが大切です。

私は、子供のいる前では、なるべくスマホをいじらないように意識しています。

仕事柄難しい時がありますが(^◇^;)

手本となれるように、行動していきたいです。

本日のまとめ

スマホにゲームにテレビにiPad…

今は手軽に夢中に慣れるものが身近にたくさんありますね。

便利で楽しいものでも、使い方によって、良くも悪くもなってしまします。

無意識に手に取ってしまうのではなく、自分の意識を持って使うことが大事なんだと思います。

スマホ首やゲーム障害…、

昔はなかった病気がでてきています。

健康被害に及んでいるのです。

今回は、スマホやゲームが与える影響やルールを決める大切さをお話ししてきました。

1日の時間は有限です。

人生も有限です。

毎日大切に過ごしていくためにも、子供も大人も電子機器と上手に付き合っていきましょう(о´∀`о)

親子で見てもらいたいサイトのしょうかいをしておきます。

なくそう、子供の性被害。

保護者の皆さまへ : 青少年有害環境対策|共生社会政策 - 内閣府
青少年有害環境対策のページ。青少年のイン...

 

このブログが、お役に立てれば幸いです(๑˃̵ᴗ˂̵)

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました♪

 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました