どんな場所?「子育て支援センター」や「つどいの広場」

この記事は約7分で読めます。

大切な子供達♪

※写真はイメージです。

育児は楽しく充実している反面、人を育てるという責任重大で大変な事。

迷ったり、悩んだりしたら1人で抱え込まないで、誰でもいいので「助けて」を発信しましょう。

特に現在は核家族が多く、育児を経験したことがあるおじいちゃんおばあちゃんがいない家が多いと思います。

初めての子育てで迷ったり悩んだりしたら、中に籠らずに、外に目を向けましょう

外に目を向けると、子育て支援の場が結構あるもんです。

初めて子育てする人も、引っ越してきた初めての地域にも「子育てする人も、安心して過ごせる場所」はありますよ‼︎


  • 子供が生まれてから一緒に遊びに行ける場所はないかな?
  • 子育ての話しや悩みを話せる場があったらいいなぁ(^-^)
  • 地域のお母さんや子供と知り合いになりたいな♪

このような気持ちを持っている人は、地域の「子育て支援センター」や「つどいの広場」を利用してみましょう。

ググればサクッと見つかると思いますし、わからなければ近くの役所に電話すれば色々教えてくれるはずです。

※「子育て支援センター」「つどいの広場」とは別の名前かもしれません。

行くか行かないか悩んでいないで、

まずは一歩♪踏み出してみませんか(о´∀`о)

行ってよかった〜

そう思える場所がきっと見つかるはずです♫

本日の流れ

  • 私の子育て事情
  • 市の広報は情報源‼︎あなどるなかれ
  • 子育て支援センターの常連さんに
  • 利用者から憧れのスタッフへ
  • お住まいの地域にあるか調べてみましょう

私の子育て事情

私は横浜近郊から、今の地域に引っ越してきたので、まったく知り合いがいませんでした。

しかも、今まで訪れたことのない県・・・。

おまけに実家に帰ろうと思ったら飛行機で約二時間(遠い・・・)。

日常生活や子育てで、困った時や悩んだ時にすぐに実家を頼ることは出来ませんでした。

電話はできますが、やっぱり会って話すのが1番心強いです。

引っ越したての頃は、おばあちゃんらしき人と赤ちゃんを連れたお母さんが買い物やランチをしているところを見ると、かるくホームシックになったり。

そんなこともあったなぁ(*´-`)懐かしい。

でも、今住んでるところで生活すると決めたのは自分です。

当時はまず、市役所や図書館の場所、地域で買い物するお店のリサーチから、近所に何があるのか情報を集めるのに必死でした。

幸いお隣さんがとってもいい方で若夫婦に話しかけてくれたり、地域のイベントの情報を教えてくれたり、お隣さんが飼っていた犬の散歩に一緒に行ったり、ご飯のお裾分けをしてくださったり…。

田舎の良きつきあいがあり、ありがたい存在でした。

市の広報は情報源‼︎あなどるなかれ

皆さんはお住まいの広報誌、読んでいますか?


私の住んでる市では、ひと月に2回発行されています。

広報には行政の案内の他に、講座の案内や図書館からのお知らせや子育ての情報、休日当番医の連絡先などなど暮らしに必要な役立つ情報がたくさん載っているんです‼︎

私は市の発行する広報を読んでは、興味のある講座に参加していろんな方と出会ったり、図書館に通っては司書さんと仲良くなり情報を得たり、地域に少しでもなじめるように地道な活動を続けてきました( ^ω^ )

妊娠が分かった時も市や産婦人科の「母親学級」に申し込み、妊娠中の身体の変化や出産までの流れについて勉強したり、マタニティヨガをしたり、妊娠中の食事について調理実習つきで学んだり、、、。

今はコロナの感染予防のために母親学級や両親学級が中止になっているそうで、妊婦さんは大変だろうなとちょっと心配しています。

子育て支援センターの常連さんに

私の住んでいる市のサービスで、出産後1ヶ月頃に保健師さんが自宅に訪問してくれるのですが、その時に地域の「子育て支援センター」や「つどいの広場」の案内がありました。

私の住んでる地域は、今から15年ほど前、ちょうど長男が生まれた頃に「子育て支援センター」が始まってラッキーだったのですが、出来た当初はスタッフがいなくて、ただ指定の部屋を開放していて、そこで遊ぶという感じ…。

せっかく行っても他に利用者は誰も来ないという日もありました。

1人でいたくなくて「子育て支援センター」に行くのに、これではかえって寂しい気持ちに…。

旦那さんは今でいうイクメンパパで、休みの日は子供を可愛がったり、遊んだり、ご飯を作ってくれることもあり、とても助かっていたのですが、旦那さんは仕事があるので普段は私が子育てをしています

日中に子育ての話ができるお友達の出会いが欲しかったのです。

バスに乗って隣りの市のスタッフが常勤でいてくれる「つどいの広場」に通ったこともあります。

遠かったけど、あの頃は必死だったのですね。

でも、地域の「子育て支援センター」も年々利用者が増え、専属の先生やスタッフがいてくれるようになり、しだいに賑やかなサロンになっていきました

  • スタッフ常勤
  • 平日は毎日開放
  • おもちゃも種類が多く子供の発達に合わせた遊びを教えてくれる
  • お昼を一緒に食べるランチタイムあり
  • 月に一回は育児講座
  • 指定された日には子供の身長や体重を測定可
  • 夏になると水遊びやプール

などなど、まさに至れり尽くせりです‼︎

ほんと年々、「子育て支援センターの活動が充実していっていますよね♪

そして、スタッフの人柄があたたかくってホッとできる場所なのです( ^ω^ )

何回も通うと自然と遊びに来ている赤ちゃんやお母さんたちと仲良く話したり交流が広がっていきますよ♫

私はよく午前中から支援センターに行って、子供とたくさん遊んで、お昼ごはんを食べてすこししたら家に帰って、子供と一緒にお昼寝という生活リズムが出来ていました。

おすすめのランチタイム

私の通っていた「子育て支援センター」は、お弁当(手作りでも買ったものでも可)を持っていって、一緒にご飯を食べる時間もありました。

離乳食の始まっている子は離乳食も持ってきて一緒にたべていましたね。

これから出産予定の妊婦さんも、おっぱいやミルクの赤ちゃん連れのお母さんも付き添いのおばあちゃんも、誰でも一緒に食べれます

食べる前には、手洗いをしてからお手伝いのできる子は座る子供用のイスを並べたり、机を拭いて食べる準備をします。

小さい子や赤ちゃんもそんなお兄さんお姉ちゃんのお手伝いの姿ををじっと見ています。

子供たちは子供たちの中で学びあっていくんですよね♪

いただきますの歌を歌ってみんなで楽しくいただきます。

利用者から憧れのスタッフへ

支援センターには私の4人の子みんな、よく遊びに行っていました。

長くお世話になった大切な場所です。

4人目の子がそろそろ幼稚園に通うという頃に、ありがたいことに

スタッフとして働きませんか?

と声をかけてもらったのです‼︎

4人の子を育てている間は、専業主婦として子供の成長をずっと近くでみていましたが「そろそろ仕事を始めようかなと考えていた矢先のことだったので話をうけることにしました^ – ^

スタッフとして働く中で、今までたくさんのお母さんやお父さん、子供たちと出会ってきました。

意外と地元で育ってきた人よりも、他所から引っ越してきて知らない土地で一生懸命子育てしてる人が多いんだなぁと感じました。

子育て支援センターのスタッフは約3年ほど恩返しの気持ちで勤務しましたが、子供の進級進学とともに出勤時間があわなくなり退職しました。

スタッフとして学んだことや取り組んだことはたくさんありますので、またおいおいブログでもご紹介できたらと思っています。

専門的な学習会や勉強会に参加できたのも貴重な体験でしたし、研修兼ねて、『子育て支援員の講習』を受けて「子育て支援員」の資格も取ったんですよ♪

行動すれば道が開けていくと実感です(๑˃̵ᴗ˂̵)

お住まいの地域にあるか調べてみましょう

行きたくない方は無理して行くことはないと思いますが、興味のある方はお住まいの地域にあるか調べて、一度足を運んでみてください^ – ^

きっと新しい出会いが待っていますよ♪

どの人も悩みながら迷いながら子育てしています。

1人でなく相談できる人、心落ち着ける場所があれば笑顔で1日1日過ごしていけるはず。

お母さんの笑顔が家庭を明るくすると信じています。

ワンオペなんて言葉がなくなる世の中になるといいのですが、、、。

一緒に子育てをしながら共に悩みを乗り越えてきた友人や先生とは、子供が大きくなってからも仲良くお付き合いしています♪

持つべきものは友」とはよく言ったものですね♪

最後までお読みいただき、ありがとうございました♫

 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました