メニエール病と診断されるまで

この記事は約14分で読めます。

メニエール病と診断されるまで〜私の受けた検査内容と治すための試みについて〜

※画像はイメージです。本文とは関係ありません。

耳鳴りや難聴の調子はいかがですか?

めまいはありますか?

このブロブを読んでくれているあなたも、気になる症状があるのでしょうか。

きとんと病院には通っていますか?

耳鳴りや難聴、めまいの症状があるのなら、放置せずにすぐ病院へ行きましょう。

私の場合、症状が出た当時は、片側に耳鳴りがあったので、耳鼻咽頭科を受診しました。


今から20年ほど前の、大学生の時に耳鳴りが始まりました。

突然の耳鳴り。初めて病院に行った時は、悪い病気だったらと思うと、不安でいっぱいでしたね。

その時の耳鳴りは点滴を受け、飲み薬で治りました。

しかし、その後も耳鳴りを繰り返し、現在も治療中です。

調子が良くなっても、季節の変わり目や低気圧、ストレスなどによってまた悪くなったり。繰り返しです。

今回は、私がメニエール病と診断されるまでの経緯と、毎回の検査の内容をお伝えし、自分なりに治すための取り組みをご紹介したいと思います。

耳鳴りや難聴、めまい等で1人で悩んでいる方が、病院に行くきっかけとなれば幸いです。

私が言えるのは、迷わず早めの受診を!ということです。

専門家を味方につけて、治療していきましょう(*´꒳`*)

メニエール病関連記事として、ブログを書いています(о´∀`о)

梅雨入りとメニエール病(耳鳴り&めまい)
梅雨入りとメニエール病(耳鳴り&めまい) じめじめどんより重たい湿気感^^; 今年も梅雨の季節がやってきました(*´-`) 私の場合、耳が低気圧をいち早くキャッチし、耳鳴りがひどくなり、左耳がきこえづらくなり、頭痛にも悩ま...
幸せな毎日を過ごすには、健康な心と身体を♫
幸せな毎日を過ごすには 突然ですが、今朝起きた時の気持ちはどんな気持ちでしたか? 目覚め良くすっきりした気持ちで起きれましたか? それとも、今日も朝が来てしまったなぁと憂鬱な気持ちでしたか? 今回は心の健康と身体の健...

合わせてお読みいただけたらと思います。

では、本題に入りましょう〜♪

耳鳴りと難聴とは

難聴や耳鳴り、めまいの症状がある人は、病院を受診して、原因をつきとめることが大切です。

耳鳴りの多くは、体外で音がしていないのに耳や頭の中で音がする自覚的耳鳴りといわれています。

難聴を伴う人が多いことから、耳鳴りは耳ではなく脳で鳴っていることが分かってきています。

どうして耳鳴りが鳴るのか。

正確な原因は不明なんですって。

ただ、耳鳴りがするから聞こえにくいのではなく、聞こえにくいから耳鳴りがしているようです。

脳が聞こえの悪くなった部分を補おうとして、聞こえが悪い部分の電気信号を増幅して強めているそうです。


その強化された電気信号が伝わるとかすかな音までも大きくなり、耳鳴りとなって聞こえるという仕組みがわかっているようです。

体の仕組みは奥が深いですね〜

初めて耳鳴りの症状が出た時は

私が初めて耳鳴りの症状を感じたのは、大学時代のこと。

今から20年ほど前のことです。

私は当時、農業大学の栽培研究をしている研究室に所属していたので、卒業論文に向けて、栽培管理や論文制作、小論文の勉強に…と連日、忙しい日々を過ごしていました。

合わせて部活や他の研究室の勉強会にも参加していたので、それはハードなスケジュールを送っていました。

今から振り返ってみても忙しく充実していた日々でしたが、体調を壊し…

耳鳴りが聞こえるようになったのです。

病院にいったら『過労』と言われ(-。-;

ベットに寝かされて、点滴をしました。

それからしばらくは、耳鳴りは治っていたのですが、結婚してすぐ東京から九州へ引っ越すことになり、憧れだった田舎暮らしのスタート。

新しい場所での生活への希望や楽しみはありましたが、慣れない土地での生活や子育てで耳鳴りが再発。

でも、再発当初は、耳鳴りも小さく、気にはなるのですが、「授乳中だったので何となく薬は飲みたくないから」という理由と、「まだ病院に行かなくて大丈夫かな」と自己判断してしまい、すぐには受診しませんでした。

しばらくすると耳鳴りの症状が落ち着いたり、また悪くなったりを繰り返すようになり。

卒乳したのをきっかけに、耳鳴りの症状も続いていたので、やっと耳鼻咽頭科を受診しました。

すると先生からお叱りが^^;

耳鳴りは症状が出たら、すぐ来ないと治りにくくなるし、ほっておいたらいけない症状なんだよと。

次回再発したら、早めに来るようにねと言われました。

聴力検査をしたら、耳鳴りの他に低音の音が聞こえづらい(難聴)があるのもわかり、薬を飲むことになりました。

処方された薬は、突発性難聴やメニエール病にも効果がある薬だからといわれました

薬は何ヶ月か飲み続けてやっと治る感じでした。

その時の診断結果は、突発性難聴か急性低音障害型感音難聴といわれました。

※急性低音障害型感音障害は、蝸牛型メニエール病とも呼ばれています。

片側の耳の低い音域の聞こえが悪くなる病気ですが、耳が詰まった感じや低音の耳鳴りで気がつくことが多いようです。

どちらも再発はしないという病気ですが、私は再発を繰り返し。

耳の鼓膜はキレイだし、喉も鼻も異常なし。

調子が良くなって、途中病院に通う期間があいたりしましたが、症状が年々ひどくなり。

調子がいい時と悪い時の期間が変わらなくなってきて、たびたび受診するようになりました。

薬を飲んでいても、耳鳴りが治まっていた期間がだんだん短くなり、耳鳴りも大きく。

それに、耳の奥が詰まったような感覚や痛みがでてきました。

まれに脳の病気から耳鳴りがすることがあるからと、念のため大学病院できちんとMRI検査や聴力検査をしましょうということことになり、紹介状を書いてもらいました。

大学病院の予約した検査日までは、不安がいっぱい。

もしも脳に異常があったら?

旦那様や子供達に心配かけてしまうなぁ(すでに心配かけていますが、)と悪いことが頭をグルグル。

年々症状は悪化、ひどい時は頭痛やめまいも

耳鳴りの症状が出た当時は、耳鳴りの音も小さく、薬を飲めば数ヶ月でよくなり、聞こえのいい時期も間隔が長かったのに、年々症状が悪化。

耳鳴りの期間が長くなり、聞こえも悪く家族の言ってる言葉がききとりにくい、耳がつまったかんじや痛みもあるし、頭痛もひどい…きつくて横になってしまうことが増えました。

そして、去年から冷や汗や動悸ででたり、ふわふわしためまいが加わり、今年にはグルグルとしためまいが…

自律神経も乱れていたのでしょう、ほんときつかったですね…

体調は、低気圧の影響もうけます。

気圧とは、空気の層による圧力のことで、私たちは日常でこの圧力をうけて生活していますね。

低気圧の時は天気が悪くなりやすく、体にかかる圧も低くなります。

内耳の聴覚器(蝸牛)や三半規管(体の平衡感覚を司る器官)は気圧の影響を受けやすく、気圧の変化で耳鳴りが現れることがあるそうです。

かかりつけ医から大学病院へ

かかつりつけ医で数年みてもらっていましたが、私の症状であった片側だけの耳鳴りや難聴を繰り返す、耳の詰まった感じ(この時点ではめまいはなかった)は、聴神経腫瘍でもおこるので、一度大学病院で詳しく検査してもらったほうがいいでしょうといわれ、紹介状を書いてもらいました。

予約した日に、紹介状をもって大学病院へ。

とっても緊張しましたが、先生やスタッフの方が丁寧できちんと説明をしてくれたのでほっとしました。

初めに体調や症状、生活が忙しいかなど問診がありました。

耳の聞こえの検査をして、医師の診察と今後の説明があって次回MRI検査の予約をして終わりました。

ドキドキしたMRI検査

専用の検査服に着替えて、ベッドに横になり、狭い機械の中へ。

すごい大きな音が鳴り響く中、ひたすら耐える時間が続きました。

どのくらいたったでしょうか。

たぶん30分分ほどだったと思いますが、同じ姿勢でじっとしておくのがきつくなってきたな〜と感じ始めた頃に終わり、ほっとしました。

診察結果、脳に異常はないことがわかり、心底ほっとしました。

私の場合、今までのかかりつけ医のデータ、大学病院の検査結果によりメニエール病でしょうと診断がでました

メニエール病。

名前を聞いたことのある人は多いと思います。

急に発症し、発作を繰り返すメニエール病。

めまいを引き起こす病気として有名です。

突然グルグル回るめまいに気持ちも悪くなるし、立っていられません。

私も今年に入ってグルグル回転性のめまいを何回か経験しました。

幸いに家にいる時だったのでまだよかったのですが、あんな発作が外出先で起きたらと思うと…

一度あまりにひどいめまいがして、めまいに効く注射を打ちにいきました。

医師曰く、今現在、ストレスの環境がなくても、過去に受けたストレスが今でていることも考えられるとのこと。

心と身体はつながっていると痛感させられる病気です。

ほんと、ストレスは怖いですね〜(~_~;)

メニエール病と診断

突然、グルグルと自分や周りが回るようなめまいが起こり、耳鳴りや詰まった感じ、難聴や強い吐き気や嘔吐、冷や汗、動悸などの症状現れ、繰り返す病気。

内耳が水膨れを起こすことが原因と分かっていますが、どうしてそうなるのかはまだ判明していない様です。

発作がたびたび起きると、ハラハラして外出も怖かったですね。

強いストレス、過労、睡眠不足などが発症のきっかけとなるのでこれらを避ける習慣が大切です。

診断を受けてから何冊か本を読みました。

皆さんの参考になればと、少し紹介しておきますね。

毎回の耳鳴りの検査

初めにお医者さんに聞かれたことは、

  • どんな症状があるか
  • いつから、どんな時に
  • どのくらい、何回
  • 他の症状は
  • 今までかかった病気
  • 今治療中の病気

など。

耳鳴りや聞こえづらさの説明をするのは難しいですが、しっかり話しましょう。

毎回診察と耳のきこえの検査、説明があります。

医師からは、

  • 耳の中に異常がないか
  • 異物が入っていないか
  • 炎症はないか
  • 鼓膜に異常はないか
  • 鼻やのどもチェック
  • 体調や薬は飲めているか

なども聞かれます。

私は毎回、聞こえの検査もしています。

聞こえの検査は、耳や聴力に障害があるか調べる検査です。

純音聴力検査といいます。

オージオメーターという機械を使って、気導聴力と骨導聴力の2種類を調べます。

この2つを測定すれば、感音系と伝音系のどちらに障害が起こっているのかわかるそうです

防音の部屋に入って、椅子に座り、専用のヘッドフォンをつけてもらって検査の説明があり、スタートです。

私は左耳に耳鳴りがあるので、初めに右耳を検査してから左音の検査をしています。

検査は簡単で、ヘッドフォンから音が聞こえてきたら、手持ちのボタンを押し続けます。

聞こえなくなったらボタンをはなし、また音が聞こえてきたらボタンを押します。

次に右耳の下あたりに違うヘッドフォンし、その上からヘッドフォンをして、雑音がしながら検査の音が聞こえたらボタンを押すというもの。

聞きづらくて難しいですが、集中して検査を受けています。

めまいの検査もしています。

注視眼振検査といって、医師が指を動かすので、その指先を目だけで追います。

脳に障害があると眼振が揺れるそうです。

以上が私が受けている検査です。

簡単にですが、説明させてもらいました。

お医者さんは耳鳴りや難聴、めまいなどの症状によって、患者さんに合わせた検査をしていますから、あくまで参考にしてください。

きとんと受診して、あなたにあった治療を受けてくださいね♪

専門家の力を借りましょう!

今月も大学病院での検査や診察に行ってきました。

耳鳴りや難聴は治っていなくて悪いままの状態が続いているのですが、いったんかかりつけ医の方へ戻ってもいいでしょうということになりました。

一年半ほど大学病院に通いましたが、今のところ大学病院へ通うほどの症状は、ないそうです。

ひとまず、ほっとしました。

自分なりの取り組み

処方されている薬は、耳の調子や体調がいいときは飲まなくていいと言われていますが、そういう時が少なくて。

毎日快適に過ごすために、自分でできることはしています。

お医者さんからのアドバイスや本を読んだりして実行している、現在の私の取り組みを紹介しますね(๑˃̵ᴗ˂̵)

  • ストレスの原因を取り除く
  • 水分を多く取る
  • 運動で汗をかく
  • リラックスする時間の確保
  • 食事に気をつける
  • 音楽を聴く

ストレスの原因を取り除く

何がストレスになっているか。

いくつか思い当たることがあったので、改善できることはしました。

  • 体調が悪い時は学校行事は休み、無理はしないように意識
  • 子供の習い事の送り迎えの回数を削減
  • 仕事は退職(個人事業主に)
  • 身体の不調と向き合い、治療を開始

などなど。

家族が多いと自分のことは、ついつい後回しになってしまいます。

でも、自分も大切にしよう!と決めました。

自分が幸せな気持ちに包まれていると、周りも幸せな雰囲気になりますものね。

水分を多く取る

1日2リットルは水分を取るように指導を受けました。

メニエール病の人は4リットルが理想だとか!

飲んだ量がわかるように、大きな水筒に入れています。

カフェインや糖質が含まれていないお茶や水がいいそうで、好きだった紅茶やコーヒーは控えています。

耳鳴りなどの症状が落ち着いたら、少しなら飲んでもいいそうなので、また飲むのを楽しみにしています♪

耳の血流が悪かったり内耳がむくんだりすると難聴や耳鳴り、めまいが現れやすくなるようですよ。

全身の血流をよくすることが大切なのだとか。

運動で汗をかく

私の読んだ本では、有酸素運動をオススメしていて、耳鳴りやめまい予防の目安としては【7000〜8000歩】歩いた方がいいそうです。

私はスマホの歩数計を利用していますよ。

お医者さんからも、ウォーキングや軽めのジョギングがいいと言われているので、私は1日1時間は散歩に行くようにしています(о´∀`о)リフレッシュになり、いいですよ〜♪

適度な運動は、代謝の促進と血行改善をもたらすため、聞こえに影響するそうです。

毎日のラジオ対象とヨガもお勧めです♪( ´θ`)

リラックスする時間の確保

家事に育児に仕事に…。

今までは、座る暇もないくらいにバタバタと一日中、常に動いていました。

パートにでていたので、行く前に掃除や洗濯を終わらせ、帰ってきたら洗濯を取り込み子供の習い事の送り迎え、ご飯の準備などなど。

ゆっくりする暇なんてありませんでした。

今は子供も下の子が小学生になり、自分のことは自分でしてくれるのでだいぶ違います。

成長に感謝ですね(о´∀`о)

毎日を、意識してゆっくりと過ごす時間を作り、リラックスできる時間を確保しています。

皆さん、休むのも仕事ですよ〜!

無理すると体壊しますから。

食事に気をつける

子供たちが学校で習ってくる「早寝早起き、朝ごはん、バランスの良い食事、適度な運動」などなど。

大人だってそうです!

また、食事やお菓子などで、塩分の取りすぎに気をつけましょう。

塩分を取りすぎると、全身ががむくみやすくなってしまします。

音楽を聴く

耳鳴りは、静かな場所ほど大きくき聞こえます。

好きな音楽を聴いたり、ラジオを流して耳鳴りが気にならない環境を作っています♪

できることから、コツコツと(๑˃̵ᴗ˂̵)

少しでも改善するように取り組みましょう♫

私の耳鳴りエピソード

耳鳴りや難聴とは、長い付き合いになりました〜。

医師からは、蝸牛というところがむくみやすい体質だといわれたので、今後もうまくつきあっていかないといけないでしょう。

体質といわれてちょっと気が楽になったのを覚えています。

メニエール病の本には、神経質の人や真面目で完璧主義の人がなりやすいと書かれていて、なんだか傷ついたこともありました。

頑張るのも一生懸命なのも自分の性格。

気にしやすい性格も私。

それにより、発症しやすいなら仕方のないことなのかなと。

でも、諦めるわけではなく、自分にできることはしていきたいですよね。

今後も治療と家でできる取り組みを続けていこうと思っています。

このブログの内容は、あくまで私の症状に対してです。

自己判断せずに、お医師様と相談して始めまてくださいね。

本日のまとめ

耳鳴りや難聴、めまい…。

辛いし、今後どうなっていくのか不安ですよね。

よくわかります。

自分にしか聞こえない音を、人に説明することのなんと難しいこと。

難聴や耳鳴り、めまいは体からの安めのサインです。

いつも頑張っているのですね。

でも、ここで無理したらいけません。

無理しているとの自覚していなくても、症状が出ているのです。

生活を見直してみませんか。

ストレスはありませんか。

疲れすぎていませんか。

自分と向き合ってみましょう。

振り返ってみると、私の場合は、常に睡眠不足、忙しくて過労気味、運動不足、気分転換ができていなかった…などが原因だったのかなと思います。

今は無理しないように、生活リズムも意識しています。

家族と笑顔で過ごせるように、元気に生きていきたいです。

今回は、耳鳴りと難聴について、メニエール病の検査内容について、自分なりの取り組みについてお話ししてきましたが、

いかがでしたか?

このブログが、耳鳴りや難聴で悩んでいる方の参考になれば幸いです。

皆さんが病院に通って、治療をし、症状が良くなることを願っています(*´꒳`*)

最後までお読みいただき、ありがとうございました♪

おまけ1(今日のお弁当)

マーちゃん
マーちゃん

メイン

  • ヒジキ入り雑穀ご飯の上に、自家製カリカリ梅
マーちゃん
マーちゃん

おかず

  • チーズインハンバーグ(中学生の長男が作ってくれました♪)におろしソースのせ
  • ラッキョウ
  • ミニトマト
  • ナガイモとエノキのバター醤油味
  • キュウリとキャベツのサラダ

今日も美味しく出来ました♪

私がどんな思いでお弁当を作っているのかは下記をご覧あれ~。

お弁当のススメ
お弁当でみんなハッピーに みなさんはお昼ご飯に何を食べましたか? 誰と食べましたか? お弁当を持っていく人も途中で買う人も、 お店で食べる人もいると思いますが、 何を基準にして選びましたか? お弁当制作歴17年! ...
 ブログランキング・にほんブログ村へ
タイトルとURLをコピーしました